クリスマスのブランチツリーを、家で作ろう。

いつもどおりの日曜日。
本日もご来店有難うございました。

先日から、お店の窓辺で
クリスマスツリーを飾り始めました。


毎年のことですが、
枝に飾る雑貨は少しずつ増えてきて
今年はなかなか賑やかしいツリーになりました。

買ってきたもの、頂いたもの、
作ったものに、自然から拾ったもの。

種類はいろいろありますが、
プラエで特徴的なものはやはり
アラビアのミニマグとなります。


左:2018年版 右:2019年版 各残り1-2点(在庫のみ) 1,000円+税

ここ6-7年分は飾っていますので、
Teemaなどを含めると15点ほどが
ツリーに飾られています。(※私物)

北欧でも窓辺にこんな手作りの飾りを
窓辺に飾るおうちは少なくありません。

このツリーはほんと手軽で、
用意するものは下の3種類。

① 枝 (長:4-5本 小枝:10本)
② テグス、LED電飾(必要量)
③ 飾る小物

③は買ったものでも、頂いたものでも、
家族で作ったものでも、拾ったものでも
その人たちの感性でOK。

セットを買ってくるというよりも
作っていく、増やしていくといった
過程を楽しむのが楽しいです。

ご自宅でも作ってみたい、という方は
店舗でスタッフまでお声掛け下さいね。

飾る小物は・・・店舗にはあまりありませんので、
ゆっくりと揃えていって下さいませ。

NO IMAGE

【 About Prae 】


プラエは2010年、徳島に誕生した"北欧ヴィンテージ家具"や"北欧食器・雑貨"やオリジナル家具、植物などを扱うインテリアショップです。

デンマーク語で「Hygge(ヒュッゲ)」という言葉があります。 他の国の言葉にするのが難しいのですが、『どことなく温かくて、居心地の良い雰囲気』といった彼らの独特の言葉です。北欧の暮らしやデザインが注目されるようになっていますが、それは純粋になにかのモノだけではなくどこか「Hygge」な空気感が私たちを惹き付けて止まないのかもしれません。

座り心地のよい、木製の椅子。 取っ手がレトロで使い勝手の良い50年前のデスク。 レトロで可愛い食器。 これって何に使うんだろう?そう思わず見入ってしまう古い古いオブジェ。プラエはときどき北欧に買付に行き、そこで出会ったものたちを大切に連れて帰ったりしています。

お店はそんな出会ったモノたちと、あなたのお部屋をつなぐ場所です。古いものだけではなくて、国内外で作られた中で北欧デザインを生かした家具をセレクトしたり、 オリジナルで家具を製作したりもできますので、コーディネートのご相談も良かったら。 ホームページやブログを見てもらって、お店に来てもらって。 どことなく居心地の良いそんな時間を過ごしてもらえれば、幸せです。

Prae Inteiror (プラエインテリア) 代表 香川 拓也