とあるバイヤーの欲深い話

今日は少しマニアックな、
ヴィンテージ雑貨の買い付けでのお話です。

フィンランドでヴィンテージ雑貨を扱う方と知り合い
先日帰国された後に扱われているものの
画像とリストを送ってもらいました。

「あまり大きなお店ではないけど」と言っていましたが
なかなかマニアックな品揃え。

期待しながら写真を見ていると
その中でなんだか気になる器が…

あれ、これ、ブルールスカ じゃないかな。


※以前入荷したもの(SOLD OUT)

ご存知の方もいらっしゃるでしょうが
ルスカ はフィンランドARABIA社で
1961-1999年まで製造されていた
同社を代表する人気のシリーズ。

通常はブラウン系統の鉄釉ですが、
初期に僅かに別カラーが製造されています。
価格も高めですが、人気もあるシリーズです。

もらった写真には小さく写っており
しっかりと同定する事が出来なかったので
ドキドキしながら連絡を入れます。

「写真の、私が赤丸したお皿、詳細教えてくれますか。
多分リストにはなかったと思うんだけど。」

買い付け歴も二桁年ですが、
未だに掘り出し物と思うと胸が高鳴ります。
なかなか業が深いものです。

翌日、メールが返ってきました。
そこには「あのお皿はアラビアのブルースだよ。
リストにある◯ユーロのもので6枚あります。」
…との事。

しかしながら、私が見る限りBluesではありません。
あれはあれで良い製品ですが、
リム(縁)の角度、色、釉薬の光沢。
その全てが異なるシリーズであることを示しています。

(これは…やはり!)

古びた狸のような顔になりながら
良い出会いに感謝して添付写真をあけます。

(あとは…コンディション。)

・・・ドキドキしながらクリックすると、
そこにあったのはブルースでもルスカでもなく

コルピ、というルスカと似ているまったく別のシリーズでした。


※最初の写真はもっと緑がかったものでした。

コルピも大好きなシリーズだけど!
大好きなんだけど!

・・・なぜか頭にまったくありませんでした。
何とも業が深いものです。

見比べてみると色見は青が強く、
決定的なことにバックスタンプのうちの1つに
コルピの製造年(1973年)がしっかりと印字されていました。
ブルールスカは年代が合いません。

・・・欲深は、いけませんなぁ。
私の心の中の和尚さんが私に諭します。

ということで、ブルールスカは残念ながら、でしたが
今回はその他でいくつか、良い打ち合わせが出来ました。

先ほど終わった打ち合わせのものは
今月末頃、お店に届く事になりそうです。

フィンランドからの、黄色い器。

月末頃にご紹介予定ですので、
またご覧いただけましたら
「あの欲深いバイヤーのやつね。」と
ご笑覧いただけますと幸いです。

NO IMAGE

【 About Prae 】


プラエは2010年、徳島に誕生した"北欧ヴィンテージ家具"や"北欧食器・雑貨"やオリジナル家具、植物などを扱うインテリアショップです。

デンマーク語で「Hygge(ヒュッゲ)」という言葉があります。 他の国の言葉にするのが難しいのですが、『どことなく温かくて、居心地の良い雰囲気』といった彼らの独特の言葉です。北欧の暮らしやデザインが注目されるようになっていますが、それは純粋になにかのモノだけではなくどこか「Hygge」な空気感が私たちを惹き付けて止まないのかもしれません。

座り心地のよい、木製の椅子。 取っ手がレトロで使い勝手の良い50年前のデスク。 レトロで可愛い食器。 これって何に使うんだろう?そう思わず見入ってしまう古い古いオブジェ。プラエはときどき北欧に買付に行き、そこで出会ったものたちを大切に連れて帰ったりしています。

お店はそんな出会ったモノたちと、あなたのお部屋をつなぐ場所です。古いものだけではなくて、国内外で作られた中で北欧デザインを生かした家具をセレクトしたり、 オリジナルで家具を製作したりもできますので、コーディネートのご相談も良かったら。 ホームページやブログを見てもらって、お店に来てもらって。 どことなく居心地の良いそんな時間を過ごしてもらえれば、幸せです。

Prae Inteiror (プラエインテリア) 代表 香川 拓也