【デンマーク雑貨】陶芸の島から届いたヴィンテージ。

デンマークから、
ヴィンテージ雑貨がお店に到着しました。

プラエではデンマークにも数名、
雑貨をお願いしているスタッフさんがいるのですが
今回お願いしたのは首都からも離れた、
陶芸で有名な島に住むスタッフさん。

少し渋めのセレクトとなった今回は
普段ともまた違ったデザインに出会えました。

まずはKnabstrupを中心とした、
陶土の雰囲気も強く残したカップ&ソーサー3点。

それぞれ手仕事の様子が見て取れますが、
右の2点がKnabstrupで製作されたもの、
左端の1点はKB keramikという窯で製作されたものです。

Knabstrupのものは釉薬のグラデーションが特徴的で、
仕上がるたびに大きく表情が異なるシリーズです。
Ruskaにも似ていますが、時代はこちらが少し遅れ
1970年代に製作されたものと思われます。

KB Keramikは縦筋が手掻きで削られており、
独特のグラデーションがまた美しいです。
ソーサーやデザートプレートも同様の仕様となり
手仕事の楽しさを感じられるデザインです。

変わってこちらは、チーク材とガラスで出来たトレイ。
食卓に前菜などをサーブするときに使われたものでしょう。

チーク材が外枠のみ、というのはプラエでは初入荷です。
食卓の中心にこんな器があればとても良い雰囲気を演出できそうですね。
ガラス部分も使用感は無く、製造時とほぼ同等のコンディションです。

最後にこちらはスタッフさんの蔵出しのアイテム。
Bornholm島で焼かれたという、カップ4点です。

それぞれ出来はとても良いのですが、
色柄だけでなくサイズも数ミリ程度異なっています。

収縮率の関係でそうなったものと思われますが、
量産されるプロダクト品とはまた違った価値観の中で
生まれてきた良作だと思います。

湯のみとして使いやすいサイズで
普段から手元に置いて、ざっくりと使うのに向いています。
日本酒も相性が良さそうですね。

大手のブランドというわけではありませんので
この仕上がりにしては価格も控えめなのも嬉しいところです。

今回お店に届いたものは、
その製品の性質上同じようなものがリピートしにくい
入荷が限定的なものばかりです。

お目にとまった皆様、
無くならないうちにぜひチェックしておいて下さいね。

→ 新入荷一覧

NO IMAGE

【 About Prae 】


プラエは2010年、徳島に誕生した"北欧ヴィンテージ家具"や"北欧食器・雑貨"やオリジナル家具、植物などを扱うインテリアショップです。

デンマーク語で「Hygge(ヒュッゲ)」という言葉があります。 他の国の言葉にするのが難しいのですが、『どことなく温かくて、居心地の良い雰囲気』といった彼らの独特の言葉です。北欧の暮らしやデザインが注目されるようになっていますが、それは純粋になにかのモノだけではなくどこか「Hygge」な空気感が私たちを惹き付けて止まないのかもしれません。

座り心地のよい、木製の椅子。 取っ手がレトロで使い勝手の良い50年前のデスク。 レトロで可愛い食器。 これって何に使うんだろう?そう思わず見入ってしまう古い古いオブジェ。プラエはときどき北欧に買付に行き、そこで出会ったものたちを大切に連れて帰ったりしています。

お店はそんな出会ったモノたちと、あなたのお部屋をつなぐ場所です。古いものだけではなくて、国内外で作られた中で北欧デザインを生かした家具をセレクトしたり、 オリジナルで家具を製作したりもできますので、コーディネートのご相談も良かったら。 ホームページやブログを見てもらって、お店に来てもらって。 どことなく居心地の良いそんな時間を過ごしてもらえれば、幸せです。

Prae Inteiror (プラエインテリア) 代表 香川 拓也