店舗開店以来、2度目のピンチ!

5000円札は年に1-2回あるんですが、
100円っていうのは開店以来、2度目でしたね。

何か、というとお釣りの話。

普段お店では店舗のレジには不釣り合いなくらい
お釣りはしっかりと用意しているのですが、
ふっと今朝気付くと100円玉が残り10枚…あれ?

慌てて財布の中を探ってみるも、1枚しかありません。
イベント初日、土曜日…銀行さんも開いていません。

(ぐぐ…まぁ現金の方は最近少ないし…)

と、自分を誤魔化しながらお店がオープン。

するとさっそく100円玉が4枚旅立ち、2枚旅立ち…

(ご、五十円はいっぱいあるし!)

と、もう一度自分を誤魔化しながら
ハラハラしながら営業を続けます。

2枚、プラス。1枚マイナス。

ギャンブラーってこんな気持ちなんですかね。

3枚プラス、2枚プラス…4枚マイナス!

・・・そんなこんなで、ドキドキしたイベント初日は終わり、
最終の100円玉は6枚で一日が終わりました。

今晩は、帰り道に色々とお買い物をしながら
100円玉の補充に努めたいと思います。

明日はたぶん、大丈夫です。
550円のお買い物も、1000円札でご遠慮なく。

明日もご来店、お待ちしております。

NO IMAGE

【 About Prae 】


プラエは2010年、徳島に誕生した"北欧ヴィンテージ家具"や"北欧食器・雑貨"やオリジナル家具、植物などを扱うインテリアショップです。

デンマーク語で「Hygge(ヒュッゲ)」という言葉があります。 他の国の言葉にするのが難しいのですが、『どことなく温かくて、居心地の良い雰囲気』といった彼らの独特の言葉です。北欧の暮らしやデザインが注目されるようになっていますが、それは純粋になにかのモノだけではなくどこか「Hygge」な空気感が私たちを惹き付けて止まないのかもしれません。

座り心地のよい、木製の椅子。 取っ手がレトロで使い勝手の良い50年前のデスク。 レトロで可愛い食器。 これって何に使うんだろう?そう思わず見入ってしまう古い古いオブジェ。プラエはときどき北欧に買付に行き、そこで出会ったものたちを大切に連れて帰ったりしています。

お店はそんな出会ったモノたちと、あなたのお部屋をつなぐ場所です。古いものだけではなくて、国内外で作られた中で北欧デザインを生かした家具をセレクトしたり、 オリジナルで家具を製作したりもできますので、コーディネートのご相談も良かったら。 ホームページやブログを見てもらって、お店に来てもらって。 どことなく居心地の良いそんな時間を過ごしてもらえれば、幸せです。

Prae Inteiror (プラエインテリア) 代表 香川 拓也