新入荷が止まらない

長い買付の途中で[Fu Fu さりげなく]


気が付けば笠浩二さんのような
髪型になったプラエです。こんばんわ。
 
誰のせいかというと私のせいなのですが、
順調に買い付けが出来てしまいまして
北欧からの入荷が止まりません。
 

 
今週、実はすでに4箱到着。
そして近日中にあと8箱予定しています。
 
秋ですかね。
夜長が悪いんですかね。
 

 「お前さんのせいだにゃー」 
 
完全に自己責任ではあるのですが、
いつも以上にお迎えの準備に追われながら
日々のお店生活を楽しんでおります。
  
セレクトが間違っていないのが幸いで、
「なかなか良いモノが届くじゃないか」と
自分で言って、周囲があきれる今日この頃。
 
・・・と、ほぼ毎日を目標としていたブログが
少し飛び石になっている言い訳です。

ちなみに今日アップしたtsaikkaは
1968-72年限定のライラックの中でも特に
スモーキーでなかなか味わいある色合いです

フィンランドだとこれからの季節、
暖かいホットワイン(グルッグ)を淹れて
身体を暖めるのによく使われています。

秋から冬は、北欧がさらに良くなりますね。
ご自宅用にも、プレゼントにもぜひぜひ。

→ 新入荷一覧

NO IMAGE

【 About Prae 】


プラエは2010年、徳島に誕生した"北欧ヴィンテージ家具"や"北欧食器・雑貨"やオリジナル家具、植物などを扱うインテリアショップです。

デンマーク語で「Hygge(ヒュッゲ)」という言葉があります。 他の国の言葉にするのが難しいのですが、『どことなく温かくて、居心地の良い雰囲気』といった彼らの独特の言葉です。北欧の暮らしやデザインが注目されるようになっていますが、それは純粋になにかのモノだけではなくどこか「Hygge」な空気感が私たちを惹き付けて止まないのかもしれません。

座り心地のよい、木製の椅子。 取っ手がレトロで使い勝手の良い50年前のデスク。 レトロで可愛い食器。 これって何に使うんだろう?そう思わず見入ってしまう古い古いオブジェ。プラエはときどき北欧に買付に行き、そこで出会ったものたちを大切に連れて帰ったりしています。

お店はそんな出会ったモノたちと、あなたのお部屋をつなぐ場所です。古いものだけではなくて、国内外で作られた中で北欧デザインを生かした家具をセレクトしたり、 オリジナルで家具を製作したりもできますので、コーディネートのご相談も良かったら。 ホームページやブログを見てもらって、お店に来てもらって。 どことなく居心地の良いそんな時間を過ごしてもらえれば、幸せです。

Prae Inteiror (プラエインテリア) 代表 香川 拓也