フランスとオランダ国旗を思い浮かべて、開いてください。

北欧では無いのですが、
フランスとオランダ国旗柄のクッションが
スペインで売られていて話題になっています。

理由は、値段の違い。

いや、まぁ人気の有る無しってあるからね、と思って
画像を開いてみると…あぁ、確かに。

ちなみにサイズや品質は同じだそうです。
ファスナーの位置が、違うのかな…。

フランスのクッションを買った人は、
6ユーロ分の矜持をもって置き方にこだわる必要がありますね。

ちなみに好評いただいていますプラエのソファ3種類、
こちらは隠れメニューでクッションも購入可能です。

ソファをお探しの際に。-北欧インテリア暮らし
黙っていてスミマセン。

イベント時に時々ご紹介していたのですが、
通常のご案内もそろりそろりとスタートします。

週明けには、それとは別に1デザイン到着予定。

機能性から、さらにもう一歩先へ。
人気のソファですがさらに進化が出来るように
ご提案を続けていきますね。

ちなみに(2回目)、320種類ある生地ですが
こっそり10種類ほどサンプルを増やしました。

色で悩む皆様は、コーデのお手伝いを致しますので
良かったらお部屋の写真(雑誌などのイメージでも可)を
お持ちくださいね。

NO IMAGE

【 About Prae 】


プラエは2010年、徳島に誕生した"北欧ヴィンテージ家具"や"北欧食器・雑貨"やオリジナル家具、植物などを扱うインテリアショップです。

デンマーク語で「Hygge(ヒュッゲ)」という言葉があります。 他の国の言葉にするのが難しいのですが、『どことなく温かくて、居心地の良い雰囲気』といった彼らの独特の言葉です。北欧の暮らしやデザインが注目されるようになっていますが、それは純粋になにかのモノだけではなくどこか「Hygge」な空気感が私たちを惹き付けて止まないのかもしれません。

座り心地のよい、木製の椅子。 取っ手がレトロで使い勝手の良い50年前のデスク。 レトロで可愛い食器。 これって何に使うんだろう?そう思わず見入ってしまう古い古いオブジェ。プラエはときどき北欧に買付に行き、そこで出会ったものたちを大切に連れて帰ったりしています。

お店はそんな出会ったモノたちと、あなたのお部屋をつなぐ場所です。古いものだけではなくて、国内外で作られた中で北欧デザインを生かした家具をセレクトしたり、 オリジナルで家具を製作したりもできますので、コーディネートのご相談も良かったら。 ホームページやブログを見てもらって、お店に来てもらって。 どことなく居心地の良いそんな時間を過ごしてもらえれば、幸せです。

Prae Inteiror (プラエインテリア) 代表 香川 拓也