イベント3日目、土曜日は夜更かし。

北欧雑貨買付フェア、3日目。

ようやくお店も少し落ち着いてきまして、
店内が混み合う事も少なくなりました。

昨日入荷したヴィンテージをアップ、とすぐに
半数近くはお店からすぐに旅立つ事に。
皆さん、早いですね・・・ありがとうございます。

買付フェア期間中はいつもの倍ほどの量で
ヴィンテージは入荷を予定しております。

イベントが始まってからはまだ追加依頼が出来ていませんので
今晩は久しぶりに夜更かししながら、
イベント最終付近に到着予定のものを探したいと思います。

ほんとは北欧現地で探したい所ですが、
しばらくそれはお預けなので今晩もWEBから。

良いモノが見つかりますように。

–+*+ –+*+ –+*+ –+*+ –+*+ –+*+ –+*+ —

リサ・ラーソンの「ピキニーズ」

リサの犬小屋シリーズ“ケンネル”は
多くの作品がリプロダクトされていますが
ペキニーズは現状のところ、ヴィンテージのみとなります。

愛嬌あるデザイン。
陶器なのに、お尻をふっているような
そんな錯覚も感じるフォルムです。

⇒ 新入荷一覧

NO IMAGE

【 About Prae 】


プラエは2010年、徳島に誕生した"北欧ヴィンテージ家具"や"北欧食器・雑貨"やオリジナル家具、植物などを扱うインテリアショップです。

デンマーク語で「Hygge(ヒュッゲ)」という言葉があります。 他の国の言葉にするのが難しいのですが、『どことなく温かくて、居心地の良い雰囲気』といった彼らの独特の言葉です。北欧の暮らしやデザインが注目されるようになっていますが、それは純粋になにかのモノだけではなくどこか「Hygge」な空気感が私たちを惹き付けて止まないのかもしれません。

座り心地のよい、木製の椅子。 取っ手がレトロで使い勝手の良い50年前のデスク。 レトロで可愛い食器。 これって何に使うんだろう?そう思わず見入ってしまう古い古いオブジェ。プラエはときどき北欧に買付に行き、そこで出会ったものたちを大切に連れて帰ったりしています。

お店はそんな出会ったモノたちと、あなたのお部屋をつなぐ場所です。古いものだけではなくて、国内外で作られた中で北欧デザインを生かした家具をセレクトしたり、 オリジナルで家具を製作したりもできますので、コーディネートのご相談も良かったら。 ホームページやブログを見てもらって、お店に来てもらって。 どことなく居心地の良いそんな時間を過ごしてもらえれば、幸せです。

Prae Inteiror (プラエインテリア) 代表 香川 拓也