【情報公開】北欧買付フェア2021

2021年7月22日から、北欧雑貨買付フェアを開催します。

海外への渡航が制限されている現在。
毎年北欧に現地買付に行っていたプラエも
この2年間は北欧へ旅立つことが出来ませんでした。
今年も現地買付は難しい状況であるのですが、
フィンランド、スウェーデン、デンマーク、ノルウェーと
北欧各地に在住するプラエの嘱託スタッフの全面協力のもと
2年ぶりに「北欧買付」フェアを開催させて頂くことになりました。

北欧では大きな蚤の市も再開し、
少しずつ明るさを取り戻してきた2021年。

現地スタッフが各地を巡って探してきた
ヴィンテージの器や雑貨はおよそ250点…の
予定だったのですが、気が付けばすでに
450点を越えてしまいました。
…展示、困りました。

北欧の蚤の市にも似た、
宝探しのような様相の店内となりそうなこの期間。
お時間にゆとりをもって、ゆっくりとご来店下さいませ。
イベントの様子はこちらで少しずつご紹介も
してまいりますのでフォローの上ぜひ
チェックしておいてくださいね。

【本日の1枚】


Gustavsberg (Sweden)Salix
1954年~1965年/Stig Lindberg

※イベント準備に伴い7月19日~22日は
実店舗およびご発送業務をお休みさせて頂きます。
※新入荷商品は実店舗および自社WEB(画像掲載URL)にて
お買い求めいただけます。
管理業務上、BASE出張所でのご対応は後日となりますので
ご了承ください。

 

NO IMAGE

【 About Prae 】


プラエは2010年、徳島に誕生した"北欧ヴィンテージ家具"や"北欧食器・雑貨"やオリジナル家具、植物などを扱うインテリアショップです。

デンマーク語で「Hygge(ヒュッゲ)」という言葉があります。 他の国の言葉にするのが難しいのですが、『どことなく温かくて、居心地の良い雰囲気』といった彼らの独特の言葉です。北欧の暮らしやデザインが注目されるようになっていますが、それは純粋になにかのモノだけではなくどこか「Hygge」な空気感が私たちを惹き付けて止まないのかもしれません。

座り心地のよい、木製の椅子。 取っ手がレトロで使い勝手の良い50年前のデスク。 レトロで可愛い食器。 これって何に使うんだろう?そう思わず見入ってしまう古い古いオブジェ。プラエはときどき北欧に買付に行き、そこで出会ったものたちを大切に連れて帰ったりしています。

お店はそんな出会ったモノたちと、あなたのお部屋をつなぐ場所です。古いものだけではなくて、国内外で作られた中で北欧デザインを生かした家具をセレクトしたり、 オリジナルで家具を製作したりもできますので、コーディネートのご相談も良かったら。 ホームページやブログを見てもらって、お店に来てもらって。 どことなく居心地の良いそんな時間を過ごしてもらえれば、幸せです。

Prae Inteiror (プラエインテリア) 代表 香川 拓也