北欧で「父の日」は祝われるのか。

あれ?
今年って無いんでしたっけ、父の日。

そんな違和感もあったのですが、
幸い今週に入って何件かプレゼント包装がありましたので
予定通り週末に父の日、ありそうです。


 コーヒー好きのお父さんに、いかがでしょう。

北欧で製作されているものの中で
イヤープレートはまずまず有名だと思うのですが

ロールストランド、ロイヤルコペンハーゲン、
あるいはB&Gなどいくつかのブランドでは
「Mothersday Plate」も製作がされています。


→ Rorstrand 1973

では「父の日」のプレートは、というと…
ロールストランドでは製作がされましたが
他のブランドではあまり記憶にありません。

同社のものも現地で見かけた記憶がなく
母の日と比べると、製造数も少なかったのではと
推測せざるを得ません。

もちろん貰う側の嗜好や需要もあると思うのですが、
「レディースデイ」があって「メンズデイ」が無いような
そんな苦笑いを感じる北欧の「父の日」です。

全国のお父さん、お疲れ様です。
週末はどうぞ良い一日をお過ごしくださいね。

NO IMAGE

【 About Prae 】


プラエは2010年、徳島に誕生した"北欧ヴィンテージ家具"や"北欧食器・雑貨"やオリジナル家具、植物などを扱うインテリアショップです。

デンマーク語で「Hygge(ヒュッゲ)」という言葉があります。 他の国の言葉にするのが難しいのですが、『どことなく温かくて、居心地の良い雰囲気』といった彼らの独特の言葉です。北欧の暮らしやデザインが注目されるようになっていますが、それは純粋になにかのモノだけではなくどこか「Hygge」な空気感が私たちを惹き付けて止まないのかもしれません。

座り心地のよい、木製の椅子。 取っ手がレトロで使い勝手の良い50年前のデスク。 レトロで可愛い食器。 これって何に使うんだろう?そう思わず見入ってしまう古い古いオブジェ。プラエはときどき北欧に買付に行き、そこで出会ったものたちを大切に連れて帰ったりしています。

お店はそんな出会ったモノたちと、あなたのお部屋をつなぐ場所です。古いものだけではなくて、国内外で作られた中で北欧デザインを生かした家具をセレクトしたり、 オリジナルで家具を製作したりもできますので、コーディネートのご相談も良かったら。 ホームページやブログを見てもらって、お店に来てもらって。 どことなく居心地の良いそんな時間を過ごしてもらえれば、幸せです。

Prae Inteiror (プラエインテリア) 代表 香川 拓也