コロナ禍、北欧のアンティークショップは。

先日、ふと気になって
買付の際によく行くお店を調べていると
私が行くアンティークショップの約15%ほどが
閉業となっていることに気づきました。

特に個人で運営されているお店にその傾向が強く、
ヴィンテージに精通した熟練の店主さんたちに
次回の北欧では会えないのか、と思うと
久しぶりに落ち込むような気付きでした。

新しくできたお店も無くは無いのですが…
次回の北欧現地買付の時は
いろいろと手探りの部分も増えてきそうです。

なにか少し明るいご案内も出来ないか、と
お店では現在、ちょっとしたイベントの準備中です。

面白いほど時間泥棒のイベント準備となってしまい、
6月に入ってからPC前が指定席となっていますが
もうしばらくでお伝えできるかと思いますので
どうぞお楽しみになさっていてくださいね。

–+*+ –+*+ –+*+ –+*+ –+*+ –+*+ –+*+ –+*+ —

将来のことは将来として、
現在開催中のお得なイベント情報も。

6月27日までの「北欧古いもの市」では
イッタラのアイテムは全て10%オフとなっています。

早速今日も数点、お店から旅立ちましたが
イッタラのグラス製品たちってこれからの季節は
特にお役立ちしそうですね。

ヴィンテージはリサ作品を除き
全てが少しずつお得な価格でご用意しております。

→ヴィンテージ一覧

お得な機会に、ぜひぜひ。

NO IMAGE

【 About Prae 】


プラエは2010年、徳島に誕生した"北欧ヴィンテージ家具"や"北欧食器・雑貨"やオリジナル家具、植物などを扱うインテリアショップです。

デンマーク語で「Hygge(ヒュッゲ)」という言葉があります。 他の国の言葉にするのが難しいのですが、『どことなく温かくて、居心地の良い雰囲気』といった彼らの独特の言葉です。北欧の暮らしやデザインが注目されるようになっていますが、それは純粋になにかのモノだけではなくどこか「Hygge」な空気感が私たちを惹き付けて止まないのかもしれません。

座り心地のよい、木製の椅子。 取っ手がレトロで使い勝手の良い50年前のデスク。 レトロで可愛い食器。 これって何に使うんだろう?そう思わず見入ってしまう古い古いオブジェ。プラエはときどき北欧に買付に行き、そこで出会ったものたちを大切に連れて帰ったりしています。

お店はそんな出会ったモノたちと、あなたのお部屋をつなぐ場所です。古いものだけではなくて、国内外で作られた中で北欧デザインを生かした家具をセレクトしたり、 オリジナルで家具を製作したりもできますので、コーディネートのご相談も良かったら。 ホームページやブログを見てもらって、お店に来てもらって。 どことなく居心地の良いそんな時間を過ごしてもらえれば、幸せです。

Prae Inteiror (プラエインテリア) 代表 香川 拓也