アラビア”アネモネ”届きました

フィンランドから、
アラビアのアネモネが届きました。

1961-76年、
ハンドペイントで製作されたアネモネ。

15年の製造期間はアラビアとしては少し長めですが、
よほど人気があったのか1980年代になって
再度生産がされ、2期にわたる製造となったアイテムです。

今回は同じコレクターさんからの品で
同じフォルムがいくつか届いています。

同時期に購入されたと思われますが
重ねてみると、少しずつ微妙に異なる個性が見られます。

焼き物は作品が仕上がるまでに
収縮していく、というのをご存じの方も多いと思います。

出はどれくらい縮むか、というと陶器では12-13%。
磁器では20%近く収縮するものもあるようです。

これは幅、奥行、高さの3辺で言える事なので
磁器の体積では形成時から0.8*o.8*0.8=0.512と
およそ半分近いサイズになる事もあります。

現代の工業的な技術と異なる50-70年前ですから、
個体差というのは今よりずっと幅広い事だったでしょうね。

現代の工業製品と比べると
精度が高いとは言い難いヴィンテージですが、
そうした揺らぎのある製品もまた味わい深いものです。

→ 新入荷一覧

NO IMAGE

【 About Prae 】


プラエは2010年、徳島に誕生した"北欧ヴィンテージ家具"や"北欧食器・雑貨"やオリジナル家具、植物などを扱うインテリアショップです。

デンマーク語で「Hygge(ヒュッゲ)」という言葉があります。 他の国の言葉にするのが難しいのですが、『どことなく温かくて、居心地の良い雰囲気』といった彼らの独特の言葉です。北欧の暮らしやデザインが注目されるようになっていますが、それは純粋になにかのモノだけではなくどこか「Hygge」な空気感が私たちを惹き付けて止まないのかもしれません。

座り心地のよい、木製の椅子。 取っ手がレトロで使い勝手の良い50年前のデスク。 レトロで可愛い食器。 これって何に使うんだろう?そう思わず見入ってしまう古い古いオブジェ。プラエはときどき北欧に買付に行き、そこで出会ったものたちを大切に連れて帰ったりしています。

お店はそんな出会ったモノたちと、あなたのお部屋をつなぐ場所です。古いものだけではなくて、国内外で作られた中で北欧デザインを生かした家具をセレクトしたり、 オリジナルで家具を製作したりもできますので、コーディネートのご相談も良かったら。 ホームページやブログを見てもらって、お店に来てもらって。 どことなく居心地の良いそんな時間を過ごしてもらえれば、幸せです。

Prae Inteiror (プラエインテリア) 代表 香川 拓也