買付品、続々入荷中。

プラエの北欧での買付の場合、一部の手荷物を除いて
多くの品物は現地から日本へ発送をしています。


みんな大好き バナナ箱。(重い荷物を運ぶのに便利です。)
 
発送にはこんなバナナ箱を使うことが多いのですが、
硬くて二重になっているので割れ物などに使い勝手が良いです。
(貰えないことも多くなって来ましたが。)

北欧から発送した荷物は、通常の航空便の場合は5~6日程度で届きます。
今日は帰国後3日なので最終便はまだ到着していませんが、
旅の半ばまでに発送したものは順調にお店に届いてきています。

買い付けたものは器やフラワーベース、オブジェといった装飾品や
ファブリック、アクセサリーといったものも多く
現在お店の一角は・・・お店出来ないような状況となっています(笑)

届いた中で一部を先に、軽くご紹介いたします。
まずこちらは・・・フィンランド、アラビアのカップです。

シリーズ名当てクイズ、みたいですね。
ご覧いただいている方で「全部言えるよ!」という方もいらっしゃるかもしれません。

シリーズ名やブランド名が無くても良いものは良い、だと思うのですが
誰が、どういう敬意で製作したのかと知るのも楽しみの一つですよね。

デザインという言葉は案外懐が深くて、
柄(意匠)だけでなくて大きさや形状、手触りといったものもその意味に含まれます。
使う人のシーンを考えて製作されたこういった器は先人の知見を感じる事も多く
見比べているととても心豊かになる時間です。

変わってこちらはスウェーデンのグスタフスベリから、
スティグ・リンドベリによるデザインです。

リンドベリはデザインの幅が広い巨匠の一人ですが、
特に得意としているのは華やかで目を引くレトロな柄のものだと思います。

ファッション業界はもちろんですが、意匠という意味でのデザインは流行があり
こうした器にもその流れは大きく影響され、リンドベリは大きく業績を残した一方で
その当時の若者たちからは”レトロで古い”と評されたこともあったようです。

そのため種類によっては製作数がごく限られるものもあり
現地でもコレクターズアイテムとして扱われるものも少なくありません。

この中では手前のピンタ(バラの柄)と中央のリネア(赤と紫の花の柄)が
特に探しにくいアイテムのひとつです。

再評価されている現在では廃盤から数十年経った後に復刻、リデザインされ
現在でも高い評価とともに再生産されているアイテムもあります。

生涯にわたって愛用できる器たち。
稀少なものも数多く入荷したきかいとなりますので、
もしタイミングが合えば週末からのイベントでぜひご覧くださいね。

【プラエの北欧雑貨買い付けフェア】
2019年7月13日(土)11:00~8月18日(日)
※対象商品ご購入の先着50名様限定で、北欧のお土産をご用意しております。

【イベントに伴う営業時間の変更について】

7月11日(木)12日(金) イベント準備のため臨時休業

7月13日(土)~8月11日(土) 通常営業 11:00-19:00

[お盆期間] 8月12日(月)・8月13日(土) 短縮営業 10:00-17:00
8月14日(水)・8月15日(木) 店舗休業

8月16日(金)・8月17日(土) 通常営業 11:00-19:00
8月18日(日) イベント最終日:短縮営業 11:00 – 17:00

NO IMAGE

【 About Prae 】


プラエは2010年、徳島に誕生した"北欧ヴィンテージ家具"や"北欧食器・雑貨"やオリジナル家具、植物などを扱うインテリアショップです。

デンマーク語で「Hygge(ヒュッゲ)」という言葉があります。 他の国の言葉にするのが難しいのですが、『どことなく温かくて、居心地の良い雰囲気』といった彼らの独特の言葉です。北欧の暮らしやデザインが注目されるようになっていますが、それは純粋になにかのモノだけではなくどこか「Hygge」な空気感が私たちを惹き付けて止まないのかもしれません。

座り心地のよい、木製の椅子。 取っ手がレトロで使い勝手の良い50年前のデスク。 レトロで可愛い食器。 これって何に使うんだろう?そう思わず見入ってしまう古い古いオブジェ。プラエはときどき北欧に買付に行き、そこで出会ったものたちを大切に連れて帰ったりしています。

お店はそんな出会ったモノたちと、あなたのお部屋をつなぐ場所です。古いものだけではなくて、国内外で作られた中で北欧デザインを生かした家具をセレクトしたり、 オリジナルで家具を製作したりもできますので、コーディネートのご相談も良かったら。 ホームページやブログを見てもらって、お店に来てもらって。 どことなく居心地の良いそんな時間を過ごしてもらえれば、幸せです。

Prae Inteiror (プラエインテリア) 代表 香川 拓也