フィンランド、白樺のボックス。

先日のフィンランド便に
白樺のボックスがひとつ、入っていました。

フィンランドを語るときには
欠かすことが出来ない「白樺」

柔らかな木は建材にはしにくいのですが
枝はサウナのお供に、
樹液はキシリトールの原料に、
樹皮はこうして工芸品に、と
伝統的に利用されてきた木材です。

北欧の家具にも言えることだと思いますが、
特別有名なデザイナーのものでは無くとも
時代を経てもこうして形が残り、
十分に価値を有する品がある文化は
とても力強いものだと感じます。

→ 新入荷一覧

名前に依らず、良いモノは良い。
そうした目線も大切にしたいと思います。

NO IMAGE

【 About Prae 】


プラエは2010年、徳島に誕生した"北欧ヴィンテージ家具"や"北欧食器・雑貨"やオリジナル家具、植物などを扱うインテリアショップです。

デンマーク語で「Hygge(ヒュッゲ)」という言葉があります。 他の国の言葉にするのが難しいのですが、『どことなく温かくて、居心地の良い雰囲気』といった彼らの独特の言葉です。北欧の暮らしやデザインが注目されるようになっていますが、それは純粋になにかのモノだけではなくどこか「Hygge」な空気感が私たちを惹き付けて止まないのかもしれません。

座り心地のよい、木製の椅子。 取っ手がレトロで使い勝手の良い50年前のデスク。 レトロで可愛い食器。 これって何に使うんだろう?そう思わず見入ってしまう古い古いオブジェ。プラエはときどき北欧に買付に行き、そこで出会ったものたちを大切に連れて帰ったりしています。

お店はそんな出会ったモノたちと、あなたのお部屋をつなぐ場所です。古いものだけではなくて、国内外で作られた中で北欧デザインを生かした家具をセレクトしたり、 オリジナルで家具を製作したりもできますので、コーディネートのご相談も良かったら。 ホームページやブログを見てもらって、お店に来てもらって。 どことなく居心地の良いそんな時間を過ごしてもらえれば、幸せです。

Prae Inteiror (プラエインテリア) 代表 香川 拓也