”Mon Amie”、現行品とヴィンテージの比較

スウェーデン、RorstrandのMon Amie。

1952年にデザインが発表されてから約70年、
現在でも高い評価を受ける北欧のアイコン的デザインです。

そんなMon Amieは1952-1987年に製作されたものと
現在リプロダクションされているものがあります。

ちょうどそんな二つで同形状が揃いましたので
比較で並べてみました。

どちらがヴィンテージで
どちらが現行品かお判りいただけますでしょうか。

同じモチーフでも、
それぞれの印象は大きく異なりますね。

正解は、左側がヴィンテージです。

並べてみると分かりますが、
サイズは一見同じように見えますが
細部はいくつか異なっています。

厚み、釉薬、リムの角度…
描かれた花のSkvattramは同じ個数ですが
光沢感のせいか大きさも違うように感じますね。

ヴィンテージは個体差がありますが、
現行品はほぼ同じ品質で製作されていますので
概ね同等のものがご用意出来そうです。

現行品は他のリプロダクションと同様に
角度は滑らかで、器は厚めです。

繊細さはヴィンテージに及びませんが、
丈夫さは現行品が大きく改善されており
普段使いにも良さそうです。

ヴィンテージにしかないフォルム、
現行品にしかないフォルムがあるMon Amieですが
カップ&ソーサーはそれを繋ぐアイテムと言えそうです。

どちらも少し異なった魅力がありますね。
現行品は現在店頭のみの販売となります。

ご来店の際は良かったらご覧になってみて下さいね。

NO IMAGE

【 About Prae 】


プラエは2010年、徳島に誕生した"北欧ヴィンテージ家具"や"北欧食器・雑貨"やオリジナル家具、植物などを扱うインテリアショップです。

デンマーク語で「Hygge(ヒュッゲ)」という言葉があります。 他の国の言葉にするのが難しいのですが、『どことなく温かくて、居心地の良い雰囲気』といった彼らの独特の言葉です。北欧の暮らしやデザインが注目されるようになっていますが、それは純粋になにかのモノだけではなくどこか「Hygge」な空気感が私たちを惹き付けて止まないのかもしれません。

座り心地のよい、木製の椅子。 取っ手がレトロで使い勝手の良い50年前のデスク。 レトロで可愛い食器。 これって何に使うんだろう?そう思わず見入ってしまう古い古いオブジェ。プラエはときどき北欧に買付に行き、そこで出会ったものたちを大切に連れて帰ったりしています。

お店はそんな出会ったモノたちと、あなたのお部屋をつなぐ場所です。古いものだけではなくて、国内外で作られた中で北欧デザインを生かした家具をセレクトしたり、 オリジナルで家具を製作したりもできますので、コーディネートのご相談も良かったら。 ホームページやブログを見てもらって、お店に来てもらって。 どことなく居心地の良いそんな時間を過ごしてもらえれば、幸せです。

Prae Inteiror (プラエインテリア) 代表 香川 拓也