ちょっと怖いメールが届きました。

定休日明けの木曜日。
何かとご連絡のメールも多い朝ですが、
ちょっと変わったご連絡が届いていました。

英語の文面で書かれたその内容は
「Negative Marketing、手伝います」と言った話です。

ネガティブ・マーケティング。
実は大学卒業後、総合商社で働いていたので
言葉はなんとか知っています。

簡単に言えば「モノが売れない」理由を考え、
それを逆に利用して「モノが売れる」ように転換する方法。

なるほど、ふむふむ。
…と思って読み進めていると

「対立するお仕事先はありませんか?
当方ではgo●gle等サイトでのクチコミで相手の評価を下げ…」

、、、って、

これネガマーケティングじゃなくて
これネガティブ・キャンペーンじゃないですかぁ!

・・・怖いですね。
触らぬ神に祟りなし、という事で
そっとゴミ箱に捨てておきました。

色々な仕事があるんだと思いますが、
このお店は地道に頑張っていこうと思います。

–+*+ –+*+ –+*+ –+*+ –+*+

先日張替えが終わったチェア、
合計3脚をWebにアップしました。

張替えが終わると、良い雰囲気ですね。

到着した椅子はカイ・クリスチャンセンもこの椅子も、
ミッドセンチュリーでは代表的なアイテムの一つ。

こうしてスタンダートになっていくには
デザインは幾度も洗練され、より良い形へと
繰り返し研鑽されてきたんですよね。

日常に溶け込む、良いデザインです。

→ 新入荷一覧

NO IMAGE

【 About Prae 】


プラエは2010年、徳島に誕生した"北欧ヴィンテージ家具"や"北欧食器・雑貨"やオリジナル家具、植物などを扱うインテリアショップです。

デンマーク語で「Hygge(ヒュッゲ)」という言葉があります。 他の国の言葉にするのが難しいのですが、『どことなく温かくて、居心地の良い雰囲気』といった彼らの独特の言葉です。北欧の暮らしやデザインが注目されるようになっていますが、それは純粋になにかのモノだけではなくどこか「Hygge」な空気感が私たちを惹き付けて止まないのかもしれません。

座り心地のよい、木製の椅子。 取っ手がレトロで使い勝手の良い50年前のデスク。 レトロで可愛い食器。 これって何に使うんだろう?そう思わず見入ってしまう古い古いオブジェ。プラエはときどき北欧に買付に行き、そこで出会ったものたちを大切に連れて帰ったりしています。

お店はそんな出会ったモノたちと、あなたのお部屋をつなぐ場所です。古いものだけではなくて、国内外で作られた中で北欧デザインを生かした家具をセレクトしたり、 オリジナルで家具を製作したりもできますので、コーディネートのご相談も良かったら。 ホームページやブログを見てもらって、お店に来てもらって。 どことなく居心地の良いそんな時間を過ごしてもらえれば、幸せです。

Prae Inteiror (プラエインテリア) 代表 香川 拓也