北欧から、雑貨がぞくぞくと。

定休日明けの木曜日。

週のうち一番、入荷が多い一日ですが
今日も北欧からヴィンテージ便が届きました。

一つ目は、久しぶりにノルウェー便。

こちらは以前お店に届いた際は即完売となりました
FiggjoのMons。

前回はプレートでしたが、
今回はボウルが届いています。

2匹の猫が寄り添うデザイン。
右の子は…どういう目なんでしょう。眼鏡?

手前の子のふとましい身体も良いですね。
ちょっとした迷い事なんかは
どうでも良いことのように思えてしまう、
あっけらかんとしたデザインです。

こちらは、リサラーソンの陶板。

何気なくパシャリ、としただけで
形になるのがすごいですね。

撮影をしていると時々あるのですが、
作品に力があるとどこに置いても成り立ちます。

こうした作品があると
お部屋の質感が少し上がる気がして、
インテリアとしてお勧めしやすいデザインです。

このほかカップ&ソーサーなど
いくつか入荷しています。

→ 新入荷一覧

早く旅立ちそうなものもありますので
お目に留まったものがあればお早めにご覧くださいね。

NO IMAGE

【 About Prae 】


プラエは2010年、徳島に誕生した"北欧ヴィンテージ家具"や"北欧食器・雑貨"やオリジナル家具、植物などを扱うインテリアショップです。

デンマーク語で「Hygge(ヒュッゲ)」という言葉があります。 他の国の言葉にするのが難しいのですが、『どことなく温かくて、居心地の良い雰囲気』といった彼らの独特の言葉です。北欧の暮らしやデザインが注目されるようになっていますが、それは純粋になにかのモノだけではなくどこか「Hygge」な空気感が私たちを惹き付けて止まないのかもしれません。

座り心地のよい、木製の椅子。 取っ手がレトロで使い勝手の良い50年前のデスク。 レトロで可愛い食器。 これって何に使うんだろう?そう思わず見入ってしまう古い古いオブジェ。プラエはときどき北欧に買付に行き、そこで出会ったものたちを大切に連れて帰ったりしています。

お店はそんな出会ったモノたちと、あなたのお部屋をつなぐ場所です。古いものだけではなくて、国内外で作られた中で北欧デザインを生かした家具をセレクトしたり、 オリジナルで家具を製作したりもできますので、コーディネートのご相談も良かったら。 ホームページやブログを見てもらって、お店に来てもらって。 どことなく居心地の良いそんな時間を過ごしてもらえれば、幸せです。

Prae Inteiror (プラエインテリア) 代表 香川 拓也