春休み、暇をもてあそぶ子供たちへ ‐ルーブル美術館ONLINE

もうご覧頂いた方もいらっしゃると思いますが
ルーブル美術館が全所蔵作品を
収蔵中の全作品の画像やデータを
無料でオンライン公開しています。


→ Louvre site des collections (英語/フランス語)

なぜかモナリザは見つかりませんでしたが、
ラファエロの素描版のモナリザはありました。
→ ラファエロの素描(モナリザ)

(追記) 見つけました
→ モナリザ(La Joconde)

ラファエロはレオナルドの少し年下で、
この素描はごく初期にモナリザを写したものです。

良く見るとオリジナルには無い柱が左右にあり、
ここから様々な憶測が生まれますが、、、と
この辺りは北欧に関係ないですし、割愛しておきます。


というか、模写と言うには全然服も顔も髪も違うからスケッチなんですけどね。

ゆっくり巡ると1カ月あっても足りないルーブル美術館。

10代後半の私はアルバイトで貯めたお金を握りしめ、
ヨーロッパを横断していたのですが
パリでは一泊4500円の安宿に泊まりながら
2週間の滞在期間のうち一日置きにルーブルに行きました。

費用のほとんどはチケットと交通費。
そんな若かりし頃の私に教えてあげたいものです。
そのうち、スマートな時代になるよ、と。

閑話休題、春休みの少しの時間、
良かったらお家でゆっくり美術館巡りはいかがでしょうか。
今のうちに予習をしておいて、
いけるタイミングでぜひ現地も行ってみて下さいね。

・・・あ、北欧の紹介を忘れていました。

入荷しています!
ぜひぜひ。

NO IMAGE

【 About Prae 】


プラエは2010年、徳島に誕生した"北欧ヴィンテージ家具"や"北欧食器・雑貨"やオリジナル家具、植物などを扱うインテリアショップです。

デンマーク語で「Hygge(ヒュッゲ)」という言葉があります。 他の国の言葉にするのが難しいのですが、『どことなく温かくて、居心地の良い雰囲気』といった彼らの独特の言葉です。北欧の暮らしやデザインが注目されるようになっていますが、それは純粋になにかのモノだけではなくどこか「Hygge」な空気感が私たちを惹き付けて止まないのかもしれません。

座り心地のよい、木製の椅子。 取っ手がレトロで使い勝手の良い50年前のデスク。 レトロで可愛い食器。 これって何に使うんだろう?そう思わず見入ってしまう古い古いオブジェ。プラエはときどき北欧に買付に行き、そこで出会ったものたちを大切に連れて帰ったりしています。

お店はそんな出会ったモノたちと、あなたのお部屋をつなぐ場所です。古いものだけではなくて、国内外で作られた中で北欧デザインを生かした家具をセレクトしたり、 オリジナルで家具を製作したりもできますので、コーディネートのご相談も良かったら。 ホームページやブログを見てもらって、お店に来てもらって。 どことなく居心地の良いそんな時間を過ごしてもらえれば、幸せです。

Prae Inteiror (プラエインテリア) 代表 香川 拓也