何かと入荷日の木曜日。

定休日明け、恒例となってきた
「ヴィンテージ雑貨」の入荷日です。

週に一度の入荷、と言いつつ
最近はこっそり週に2-3箱到着しています。
昨年より少し賑やかな店内です。

本日到着は、北欧各国からこちら。

スウェーデンからは
Jie gantoftaの陶板が3点、
グスタフスベリのアザラシが1匹。

ノルウェーからは
figgjoのデイジー、プレート。
同じ便で西ドイツのカップ&ソーサーが5セット。

フィンランドからは
久しぶりにValenciaのカップ&ソーサーが
合わせて6セット入荷しています。

軽く撮影は出来ましたので、
明日のお昼までにはアップが出来るかと思います。

今日はそのほか家具も届きました。
こちらも久しぶりとなるのですが
日本のデザインとなるツインデスクです。

以前の入荷から、
少しデザイン変更を経ての再入荷。

子供たちの勉強用に、はもちろんですが
片方は自分がPCデスクにしても良さそうですね。

奥行きが42㎝と薄いので、リビングに置いて
子供の勉強を隣で見てあげるのもお勧めです。

1点のみの入荷となりますので
良かったらお早めに、ぜひぜひ。

NO IMAGE

【 About Prae 】


プラエは2010年、徳島に誕生した"北欧ヴィンテージ家具"や"北欧食器・雑貨"やオリジナル家具、植物などを扱うインテリアショップです。

デンマーク語で「Hygge(ヒュッゲ)」という言葉があります。 他の国の言葉にするのが難しいのですが、『どことなく温かくて、居心地の良い雰囲気』といった彼らの独特の言葉です。北欧の暮らしやデザインが注目されるようになっていますが、それは純粋になにかのモノだけではなくどこか「Hygge」な空気感が私たちを惹き付けて止まないのかもしれません。

座り心地のよい、木製の椅子。 取っ手がレトロで使い勝手の良い50年前のデスク。 レトロで可愛い食器。 これって何に使うんだろう?そう思わず見入ってしまう古い古いオブジェ。プラエはときどき北欧に買付に行き、そこで出会ったものたちを大切に連れて帰ったりしています。

お店はそんな出会ったモノたちと、あなたのお部屋をつなぐ場所です。古いものだけではなくて、国内外で作られた中で北欧デザインを生かした家具をセレクトしたり、 オリジナルで家具を製作したりもできますので、コーディネートのご相談も良かったら。 ホームページやブログを見てもらって、お店に来てもらって。 どことなく居心地の良いそんな時間を過ごしてもらえれば、幸せです。

Prae Inteiror (プラエインテリア) 代表 香川 拓也