2021年の営業、スタートしました。

あけましておめでとうございます。

例年ならば「瀬戸内レモン」のご紹介とともに始まる新年営業ですが
今年は徳島にずっとステイしておりましたので、
いつもよりも少し地味な新年のスタートです。


 昨年の画像でお許しください。

…とはいえ、数日お休みをしておりますと
さすがに北欧からのヴィンテージ便も溜まっておりまして
店内の雑貨は2021年も賑わいを見せております。

近日入荷の予定は…11箱。
もうすぐ到着もあり、まだ北欧現地で空港にあるものもあり。
楽しみですね。

ご来店のたびに、新しい出会いがある。
今年もそんな一年になるようしておきますね。

–+*+ –+*+ –+*+ –+*+ –+*+ –+*+ –+*+ –+*+ –+*+ —

新年、最初のご紹介はリサ・ラーソンのこちらの2点。

1970年代半ば、
スウェーデンのRoyal Kronaで製作された
大きなクリスタル作品です。

双方とも横幅30㎝。
重量は4~5kgある大作です。

象はリサの陶器作品にもあるのですが
花柄の親子、という可愛らしいモチーフです。

右側はモチーフとしては特に珍しく
「Susanna’s Bathing(スザンナの沐浴)」という
旧約聖書の説話がモチーフとなっています。

その艶びたモチーフから
絵画の世界では免罪符的に描かれてきており、
ルネサンス末期、マニエリスム様式の
ティントレットの作品も有名です。

単に艶冶な作品というわけではなく、
テーマとしてはこうした意味があるわけですが
要は「法律の正義」を説いた話です。

近代以前、規律の厳しかったヨーロッパでは
キリスト教やギリシア神話の話をベースに
こうしたモチーフを描くことが少なからずありましたが
現代のリサがなぜこの話を選んだか…は良く分かりません。
また機会があれば調べておきますね。

閑話休題、市場に出回る機会はごく少なく
またサイズ感もありとても特徴的な作品たちです。

次の機会はなかなか難しいものかと思われますので、
良いタイミングでご検討下さいね。
法曹界の方もぜひぜひ。

→ 新入荷一覧

それでは本年もどうぞよろしくお願いいたします。

NO IMAGE

【 About Prae 】


プラエは2010年、徳島に誕生した"北欧ヴィンテージ家具"や"北欧食器・雑貨"やオリジナル家具、植物などを扱うインテリアショップです。

デンマーク語で「Hygge(ヒュッゲ)」という言葉があります。 他の国の言葉にするのが難しいのですが、『どことなく温かくて、居心地の良い雰囲気』といった彼らの独特の言葉です。北欧の暮らしやデザインが注目されるようになっていますが、それは純粋になにかのモノだけではなくどこか「Hygge」な空気感が私たちを惹き付けて止まないのかもしれません。

座り心地のよい、木製の椅子。 取っ手がレトロで使い勝手の良い50年前のデスク。 レトロで可愛い食器。 これって何に使うんだろう?そう思わず見入ってしまう古い古いオブジェ。プラエはときどき北欧に買付に行き、そこで出会ったものたちを大切に連れて帰ったりしています。

お店はそんな出会ったモノたちと、あなたのお部屋をつなぐ場所です。古いものだけではなくて、国内外で作られた中で北欧デザインを生かした家具をセレクトしたり、 オリジナルで家具を製作したりもできますので、コーディネートのご相談も良かったら。 ホームページやブログを見てもらって、お店に来てもらって。 どことなく居心地の良いそんな時間を過ごしてもらえれば、幸せです。

Prae Inteiror (プラエインテリア) 代表 香川 拓也