サンタクロースのお手伝い、しております。

暗くなるのがずいぶん早いな、と思ったら
そういえば今日12月21日は冬至でしたね。

夜空では397年ぶりに
木星と土星が大接近するそうです。

次回は60年後…2080年。
ちょっと元気に空を見上げる自信がありませんので、
今晩は帰り道に南西を見上げてみたいと思います。

ちなみに最近、調べ物があったので
フィンランド語(単語)でgoogle検索をし続けていたのですが
AIが学習したのか検索画面がフィンランド語に変わっていました。

残念ながら私の脳はアップグレードされておりませんので
AIの早とちりに戸惑う今日この頃です。

サンタさん、今年のクリスマスプレゼントは
「フィンランド語翻訳機能」を私の頭に、お願いします。

–+*+* –+*+* –+*+* –+*+* –+*+* –+*+* –+*+* –+*+* —

プレゼント包装が多いこの季節。

今日もいそいそとお包みしておりますと
「私ならこちらを選ぶんだけど」と
別の商品を眺められていました。

どうやらプレゼントのご指定があったようです。
嗜好がそれぞれだから多様性って生まれると思うので、
「人それぞれ」って良いな、と感じます。

クリスマスまで、あと4日。

プラエではサンタクロース日本支部、
プレゼント包装課のお手伝いをしておりますので
大切な方へのプレゼントをお考えの際は
良かったらご来店下さいね。


NO IMAGE

【 About Prae 】


プラエは2010年、徳島に誕生した"北欧ヴィンテージ家具"や"北欧食器・雑貨"やオリジナル家具、植物などを扱うインテリアショップです。

デンマーク語で「Hygge(ヒュッゲ)」という言葉があります。 他の国の言葉にするのが難しいのですが、『どことなく温かくて、居心地の良い雰囲気』といった彼らの独特の言葉です。北欧の暮らしやデザインが注目されるようになっていますが、それは純粋になにかのモノだけではなくどこか「Hygge」な空気感が私たちを惹き付けて止まないのかもしれません。

座り心地のよい、木製の椅子。 取っ手がレトロで使い勝手の良い50年前のデスク。 レトロで可愛い食器。 これって何に使うんだろう?そう思わず見入ってしまう古い古いオブジェ。プラエはときどき北欧に買付に行き、そこで出会ったものたちを大切に連れて帰ったりしています。

お店はそんな出会ったモノたちと、あなたのお部屋をつなぐ場所です。古いものだけではなくて、国内外で作られた中で北欧デザインを生かした家具をセレクトしたり、 オリジナルで家具を製作したりもできますので、コーディネートのご相談も良かったら。 ホームページやブログを見てもらって、お店に来てもらって。 どことなく居心地の良いそんな時間を過ごしてもらえれば、幸せです。

Prae Inteiror (プラエインテリア) 代表 香川 拓也