紀元1世紀のパンケーキ。

本日もご来店ありがとうございました。
もともと美術館勤務を考えていたプラエです。

歴史的経緯もあって、幅広さでいえば
大英博物館の所蔵品はものすごいのですが
先日こんな所蔵品が紹介されていました。


英語が苦手で良く分からないのですが、
形状からおそらく「タコ焼き機」だと思われます。

first century AD…紀元1世紀のローマ製。
大阪出身の方がいたんでしょうね、きっと。

・・・。

・・・・・・。

ちなみに「Roma Pancake」で検索すると
美味しそうな画像がたくさん出てきました。

実際の使用方法は、たぶんこんな感じでしょうか。


ローマ時代のタコや…パンケーキ。

画像に誘われましたので、
明日の朝はパンケーキにしようと思います。

— +*+* — +*+* — +*+* — +*+* — +*+* —

文化と道具はセットだと思うのですが、
ときどき「北欧のお茶碗、箸置きありませんか」と
なかなか難しいご相談を頂くことがあります。

シリアルボウルはいくらでもあるのですが
お茶碗となるとそのものずばりは少なく、
その上でその方と相性が良いモノとなると…。

なんて、グダグダ言い訳しても仕方ないので
トライアルでまずは箸置きからご用意してみました。


葉っぱ、フクロウ、鳩 350yen キノコ 600yen

あまり数はご用意しておりませんが、
大好評でお店がウハウハしておりましたら
お茶碗と一緒に北欧で製作が出来ないか声掛けして
文化の逆輸入を試みたいと思います。

ちなみに家具屋の野心としては
「こたつ」もどうかな、なんて思っています。
全国の家具メーカーさん、いかがでしょうか。

NO IMAGE

【 About Prae 】


プラエは2010年、徳島に誕生した"北欧ヴィンテージ家具"や"北欧食器・雑貨"やオリジナル家具、植物などを扱うインテリアショップです。

デンマーク語で「Hygge(ヒュッゲ)」という言葉があります。 他の国の言葉にするのが難しいのですが、『どことなく温かくて、居心地の良い雰囲気』といった彼らの独特の言葉です。北欧の暮らしやデザインが注目されるようになっていますが、それは純粋になにかのモノだけではなくどこか「Hygge」な空気感が私たちを惹き付けて止まないのかもしれません。

座り心地のよい、木製の椅子。 取っ手がレトロで使い勝手の良い50年前のデスク。 レトロで可愛い食器。 これって何に使うんだろう?そう思わず見入ってしまう古い古いオブジェ。プラエはときどき北欧に買付に行き、そこで出会ったものたちを大切に連れて帰ったりしています。

お店はそんな出会ったモノたちと、あなたのお部屋をつなぐ場所です。古いものだけではなくて、国内外で作られた中で北欧デザインを生かした家具をセレクトしたり、 オリジナルで家具を製作したりもできますので、コーディネートのご相談も良かったら。 ホームページやブログを見てもらって、お店に来てもらって。 どことなく居心地の良いそんな時間を過ごしてもらえれば、幸せです。

Prae Inteiror (プラエインテリア) 代表 香川 拓也