フィンランドから、紅葉の便り。

先日のお休み、
久しぶりに少し遠出をしてきました。

…とはいえ、遠出はまだ自粛モードで
県内で行ったことが無い場所への小旅行。

少し標高が高くなればそろそろ紅葉も見られるかな、
なんて思っていましたがまだ少し早かったようで
それでも普段とは違う空気を感じる時間でした。

旅、なんていうと
距離で語るような話も多い気がしますが
私はあまりそうは思っていません。

どちらかというと日常とは違う空気や経験、
そうした新鮮さが「旅」だと感じています。

遠くまで行くのに気を使う一年になりましたが、
近場でも新鮮な旅をすることが出来て
少し気持ちも健やかになれた気がします。

気分がくさくさする、
そんな時は普段とは違う動きで
「旅」をすると良いかもしれません。


 四国、最東端。 

— +*+ — +*+  — +*+  — +*+  — +*+  — +*+  — +*+  — +*+  — +*+

自然は紅葉にはまだ早かったですが、
フィンランドからは「紅葉」が届いています。

フィンランド、アラビアのRuska。

届いたものによって色が異なるルスカ、
今回は少し浅めの色合いが中心です。

お気に入りの表情を見つけたら、
「自分用に」と見分けられるのも魅力的。

オーブンも使えますので、
暖かい料理用にも良いですね。

→ 新入荷一覧

NO IMAGE

【 About Prae 】


プラエは2010年、徳島に誕生した"北欧ヴィンテージ家具"や"北欧食器・雑貨"やオリジナル家具、植物などを扱うインテリアショップです。

デンマーク語で「Hygge(ヒュッゲ)」という言葉があります。 他の国の言葉にするのが難しいのですが、『どことなく温かくて、居心地の良い雰囲気』といった彼らの独特の言葉です。北欧の暮らしやデザインが注目されるようになっていますが、それは純粋になにかのモノだけではなくどこか「Hygge」な空気感が私たちを惹き付けて止まないのかもしれません。

座り心地のよい、木製の椅子。 取っ手がレトロで使い勝手の良い50年前のデスク。 レトロで可愛い食器。 これって何に使うんだろう?そう思わず見入ってしまう古い古いオブジェ。プラエはときどき北欧に買付に行き、そこで出会ったものたちを大切に連れて帰ったりしています。

お店はそんな出会ったモノたちと、あなたのお部屋をつなぐ場所です。古いものだけではなくて、国内外で作られた中で北欧デザインを生かした家具をセレクトしたり、 オリジナルで家具を製作したりもできますので、コーディネートのご相談も良かったら。 ホームページやブログを見てもらって、お店に来てもらって。 どことなく居心地の良いそんな時間を過ごしてもらえれば、幸せです。

Prae Inteiror (プラエインテリア) 代表 香川 拓也