ギャベの柄と、その意味

イランの遊牧民が織る”ギャッベ”。

ザクロス山脈を中心に遊牧生活を送る
カシュガイ族は、羊毛を草木染めしたもので
伝統的な敷き物を作っています。

ザクロス山脈は1500kmほどあり、
同じ民族でも色々な集団があります。

また素朴なモチーフでもあり、
その意味は色々な解釈があるようですが
使う人の幸せや生活を思い、
一点一点手織りで製作されています。

1)山羊、羊、鹿
IMG_4229.jpg

4本足の動物は良く描かれています。
これは「山羊」や「羊」、
場合によっては「鹿」がモチーフとなっています。

「山羊」「羊」は彼らにとっては貴重な財産。
物質的な、経済的な豊かさを意味しているようです。
「鹿」は家族円満、子供の健やかな成長を
意味した柄となります。

ドットで描かれているためはっきりと
区別することは難しいですが、大きく分けると
どちらも「豊かな家庭生活」を意味するようです。

__.jpg
羊だらけ。ものすごくお金持ちになれそうな柄もあります。

2)生命の木
IMG_4230.jpg

こちらも良くモチーフとされる柄です。
伸びゆく幹や枝は、受け継がれていく生命の象徴し、
健康や長寿、子供の成長、子孫繁栄などを意味します。

変形のものも多く、草花がついたもの、
木がギャッベ一面にめぐらされたものもあります。

IMG_4235.jpg

3)駱駝
IMG_4232.jpg

ラクダは「成功(者)」のイメージです。
少し珍しい柄ですが、社会的に良い方向へ
むかえるような絵柄となっているようです。

4)人
IMG_4231.jpg

宇宙人です。 嘘です。

人には色々な意味が考えられるようで、
同じギャベに描かれたほかの柄とあわせ見たほうが
良いように思われます。

子供であれば「愛情、健やかな成長」
女性であれば「家族円満、愛情、繁栄」
・・・などの意味があるようです。

5)ひし形
IMG_4234.jpg

幾何学模様もギャッベでは良く見かけます。
ひし形は「トランジ」と呼ばれます。

伝統的なギャッベにも良く見かけますが、
部族の出自を示す柄でもあるそうです。
悪いことが起きないように、という
魔よけの意味があります。

6)井戸・窓
IMG_4233.jpg

四角形は多くは井戸。窓を意味することもあります。

「井戸」は水の意味でもあり、
砂漠で暮らす人々の生命線でもあります。
身近で、大切なもの。そういったイメージがあります。
「窓」の場合は光や風を意味し、
幸せへの文字通りの窓口となる意味があります。

このほかにも「オオカミの肉球(足跡)」や
「ライオン」「蠍(さそり)」「魚」など、
色々な柄がモチーフとされます。

細かく言えばベースの色にも意味があったり・・・と
知れば知るほど深い世界観があります。

–+*+–+*+–+*+–+*+–+*+–+*+–+*+–

プラエにおいてあるギャッベの多くは
アートギャベではなく、生活のためのギャッベ。
日々の暮らしにお勧めのギャッベです。

柄の意味もセレクトのひとつではありますが、
お部屋に相性が良いもの、ご自身の感性に合うもの、
そういう選び方もお勧めです。

素朴で味わい深いギャッベ。

草木染、手織りと大量生産が出来るものではなく
またまったく同じというものもありません。

お気に入りを探しに、
良かったら覗いていってみてくださいね。

11月23日までは【全国送料無料】です。
※ご来店、お持ち帰りは5%オフとなります。

→ ギャッベ一覧

NO IMAGE

【 About Prae 】


プラエは2010年、徳島に誕生した"北欧ヴィンテージ家具"や"北欧食器・雑貨"やオリジナル家具、植物などを扱うインテリアショップです。

デンマーク語で「Hygge(ヒュッゲ)」という言葉があります。 他の国の言葉にするのが難しいのですが、『どことなく温かくて、居心地の良い雰囲気』といった彼らの独特の言葉です。北欧の暮らしやデザインが注目されるようになっていますが、それは純粋になにかのモノだけではなくどこか「Hygge」な空気感が私たちを惹き付けて止まないのかもしれません。

座り心地のよい、木製の椅子。 取っ手がレトロで使い勝手の良い50年前のデスク。 レトロで可愛い食器。 これって何に使うんだろう?そう思わず見入ってしまう古い古いオブジェ。プラエはときどき北欧に買付に行き、そこで出会ったものたちを大切に連れて帰ったりしています。

お店はそんな出会ったモノたちと、あなたのお部屋をつなぐ場所です。古いものだけではなくて、国内外で作られた中で北欧デザインを生かした家具をセレクトしたり、 オリジナルで家具を製作したりもできますので、コーディネートのご相談も良かったら。 ホームページやブログを見てもらって、お店に来てもらって。 どことなく居心地の良いそんな時間を過ごしてもらえれば、幸せです。

Prae Inteiror (プラエインテリア) 代表 香川 拓也