エステリ・トムラとフローラ。

フィンランド、アラビアの製品は
「フォルムデザイン」と「デコレーションデザイン」とで
大きく2つの分野でデザインを区分しています。

フォルムデザインは形状で、
デコレーションデザインは装飾=柄。

数多くのデザイナーが入る中で、
ミッドセンチュリーを代表する装飾デザイナーが
エステリ・トムラです。


エステリ・トムラ(1920-1998)

エステリ・トムラは第二次世界大戦の影響で大学の卒業が遅れますが、
戦後の47年に大学を卒業、アラビアに勤め始めます。
その後1984年まで活動を続けるのですが
およそ40年のデザイン人生の中で150のパターンを
世に発表したと言われています。

40年と一括りにしましたが
フィンランドデザインはその中でも変わりがありました。

食器の文化はもともと「伝統的な」ヨーロッパのデザインを
それぞれの国で模倣することが中心でした。

20世紀初頭、民族意識の高まりとともに
それぞれの国での独自の美意識を追求し始めます。

フィンランドのアラビアでは1916年に
親会社であったロールストランド(スウェーデン)からの独立、
1932年のアラビアアートデパートメント(アート部門)設立。

工場による大量生産を是としたこの時代に、
アラビアでは代表取締役のカール・グスタフ・ヘルリッツにより
芸術性を重んじる社風を根付かせました。

第二次世界大戦では敗戦国となるものの、
アラビアは海外への輸出により外貨を稼ぎ続け成長を続けます。
「フィンランドデザインの良心」とも呼ばれる
カイ・フランクが同社に入社するのもこの時期(1945年)です。

エステリ・トムラはその後1947年にアラビアに入社します。
得意とするのはフィンランドの自然や植物。
嫋やかで、女性らしい目線は多くの支持を得たデザインです。

1950年に入りカイ・フランクはアートディレクターに就任、
北欧デザインは黄金期に突入します。

アウリンコ(1973-74)
カトリーリ(1975-77)
クロッカス(1978-79)
フローラ(1979-81)
・・・

トムラは数多くの作品を発表しますが、
そのデザインは豊かな装飾を中心としています。

デザインの主流はいつしか生産性や機能性が
求められるようになっていくのですが
トムラの豊かな装飾は多くの家庭に受け入れられ
アラビアのミッドセンチュリーを代表するものなりました。

今回入荷したフローラも、そんな作品の中の一つです。


 → 新入荷一覧

春の野花を描いた作品。
決して華やかなものではありませんが、
小さなものへの愛情を感じる良作です。

NO IMAGE

【 About Prae 】


プラエは2010年、徳島に誕生した"北欧ヴィンテージ家具"や"北欧食器・雑貨"やオリジナル家具、植物などを扱うインテリアショップです。

デンマーク語で「Hygge(ヒュッゲ)」という言葉があります。 他の国の言葉にするのが難しいのですが、『どことなく温かくて、居心地の良い雰囲気』といった彼らの独特の言葉です。北欧の暮らしやデザインが注目されるようになっていますが、それは純粋になにかのモノだけではなくどこか「Hygge」な空気感が私たちを惹き付けて止まないのかもしれません。

座り心地のよい、木製の椅子。 取っ手がレトロで使い勝手の良い50年前のデスク。 レトロで可愛い食器。 これって何に使うんだろう?そう思わず見入ってしまう古い古いオブジェ。プラエはときどき北欧に買付に行き、そこで出会ったものたちを大切に連れて帰ったりしています。

お店はそんな出会ったモノたちと、あなたのお部屋をつなぐ場所です。古いものだけではなくて、国内外で作られた中で北欧デザインを生かした家具をセレクトしたり、 オリジナルで家具を製作したりもできますので、コーディネートのご相談も良かったら。 ホームページやブログを見てもらって、お店に来てもらって。 どことなく居心地の良いそんな時間を過ごしてもらえれば、幸せです。

Prae Inteiror (プラエインテリア) 代表 香川 拓也