スウェーデン大使館に、例のモノが…

日本のスウェーデン大使館には
スウェーデンの味覚が楽しめる自販機があります。

チョコレートやスナック、
缶詰など様々なスウェーデンの味がありますが…

中段の左側に、どこかで見た缶詰が。
少しアップをしてみましょう。

シュールストレミング!(5500円)

世界一臭い、と称される食べ物。
日本へは厳重な梱包の上「危険物」扱いで航空便で送られるそうです。

ちなみに大使館内では「開封厳禁」との事です。
スウェーデン大使館へ遊びに行った際は、ぜひぜひ。
(プラエ店内への持ち込みも禁止されています。)

— — — — — — — — — — — — — — —

北欧近隣諸国では
熱狂的なファンも多いシュールストレミングですが、
2014年にノルウェーで放置された「25年前」の缶詰が見つかり
大騒動になったことがあります。

缶詰の専門家が呼ばれ、
爆弾処理班に連絡が入り(出動はしませんでした)、
テレビと近隣住人が集まる中、開封。

→ 開封の様子(Youtube)

中身はドロドロでしたが、
ちゃんとテイスティングはされたようです…。

そんなノルウェーから、
Figgjoのプレートが届いています。

名前は「August」

夏にノルウェーでとれる野菜でしょうか、
レトロなデザインで描かれた図案も可愛いですね。

現地では絵柄にもなった玉ねぎをスライスして、
黒パンを置いて、そして上の缶詰を開けて使う…なんて事も
あったかもしれませんね。何も匂いませんが。

お店には2枚到着しております。

→ 新入荷一覧

NO IMAGE

【 About Prae 】


プラエは2010年、徳島に誕生した"北欧ヴィンテージ家具"や"北欧食器・雑貨"やオリジナル家具、植物などを扱うインテリアショップです。

デンマーク語で「Hygge(ヒュッゲ)」という言葉があります。 他の国の言葉にするのが難しいのですが、『どことなく温かくて、居心地の良い雰囲気』といった彼らの独特の言葉です。北欧の暮らしやデザインが注目されるようになっていますが、それは純粋になにかのモノだけではなくどこか「Hygge」な空気感が私たちを惹き付けて止まないのかもしれません。

座り心地のよい、木製の椅子。 取っ手がレトロで使い勝手の良い50年前のデスク。 レトロで可愛い食器。 これって何に使うんだろう?そう思わず見入ってしまう古い古いオブジェ。プラエはときどき北欧に買付に行き、そこで出会ったものたちを大切に連れて帰ったりしています。

お店はそんな出会ったモノたちと、あなたのお部屋をつなぐ場所です。古いものだけではなくて、国内外で作られた中で北欧デザインを生かした家具をセレクトしたり、 オリジナルで家具を製作したりもできますので、コーディネートのご相談も良かったら。 ホームページやブログを見てもらって、お店に来てもらって。 どことなく居心地の良いそんな時間を過ごしてもらえれば、幸せです。

Prae Inteiror (プラエインテリア) 代表 香川 拓也