コロナ禍での「北欧からの雑貨便」、さて何日で届くでしょうか?

コロナ禍の関係で、
大なり小なり影響があると思うのですが
プラエで目にみえて変わったのは「輸送時間」です。

地域にもよりますが、昨年までは
北欧の首都圏から日本までの到着は通常便で5日-7日。

まれに遅れることもありますが、
周辺の直行便が無い国でも2週間以内には届いていました。

それでは最近は・・・というと、

早いときで2週間到着、ですが通常ですと3週間。
遅いときは5-6週間という旅程になっています。
2倍から、3倍くらいですね。

試しにいまこちらに向かっている箱を追跡すると…

10月7日 スウェーデンから発送
10月10日 カストラップ空港(デンマーク)到着
10月11日 ケルン(ドイツ)経由地到着
10月15日 シャルル・ド・ゴール空港(フランス)到着
10月22日 グラース=オローニュ(ベルギー)到着
10月24日 Guangzhou(広州/中国)到着

…と、2週間かけて6か国の旅をしているようです。何故。

6か国の旅、貨物室でなければ
私が変わってあげたいくらいですが、
そんなこんなで配送業者さんの苦労のもと
長旅をする雑貨もあるようです。

予定通りにはいかない現在ですが、
見えないところで努力をしている方がいて
お店も支えられているのだと気づきます。

現在お店に向かっている雑貨は6便。
急がなくても良いから、安全に届いてくれますように。

— — — — — — — — — — — — — — — — — — —

ギャベ展、2日目。
本日もご来店ありがとうございました。

ギャベは…今回は輸送便は
それなりにスムーズに到着したように思います。

イランへは直行便が無く、
多くはドバイを経由して送られてきます。

日本での報道は見かけませんが、
あちらでも一部航空会社が撤退していますので
実際には調整を重ねての到着だったと思います。

家で過ごす時間も多くなるこれからの季節、
旅を感じるインテリアとともに過ごすというのも
なかなか良い時間なのかもしれません。

→ ギャベ一覧

NO IMAGE

【 About Prae 】


プラエは2010年、徳島に誕生した"北欧ヴィンテージ家具"や"北欧食器・雑貨"やオリジナル家具、植物などを扱うインテリアショップです。

デンマーク語で「Hygge(ヒュッゲ)」という言葉があります。 他の国の言葉にするのが難しいのですが、『どことなく温かくて、居心地の良い雰囲気』といった彼らの独特の言葉です。北欧の暮らしやデザインが注目されるようになっていますが、それは純粋になにかのモノだけではなくどこか「Hygge」な空気感が私たちを惹き付けて止まないのかもしれません。

座り心地のよい、木製の椅子。 取っ手がレトロで使い勝手の良い50年前のデスク。 レトロで可愛い食器。 これって何に使うんだろう?そう思わず見入ってしまう古い古いオブジェ。プラエはときどき北欧に買付に行き、そこで出会ったものたちを大切に連れて帰ったりしています。

お店はそんな出会ったモノたちと、あなたのお部屋をつなぐ場所です。古いものだけではなくて、国内外で作られた中で北欧デザインを生かした家具をセレクトしたり、 オリジナルで家具を製作したりもできますので、コーディネートのご相談も良かったら。 ホームページやブログを見てもらって、お店に来てもらって。 どことなく居心地の良いそんな時間を過ごしてもらえれば、幸せです。

Prae Inteiror (プラエインテリア) 代表 香川 拓也