【ヴィンテージ家具入荷】第一弾 ご紹介

10月16日、今日はヴィンテージ家具、入荷日でした。

オイルの匂いが漂う店内でしたが、
本日もご来店ありがとうございました。

今回は入荷を厳選しておりましたので
普段よりも少し早めに、一時メンテナンスも終了。

オイルの定着を待って、
明日仕上げが終わりましたら
早めにWebへもアップが出来ればと思います。

入荷したものの一つ、トローリーテーブル。

本来的にはキッチンの補助テーブルですが、
それ以外にもリビングに、そしてデスクサイドにも
便利に使って頂けそうです。

こちらはイージーチェア。

スウェーデンのデザイナー、Erik Wortsによるデザイン。

Broderna Andersson社で製作されたもので、
アームの接手がまた美しいですね。

クッション部分は張替えの準備中です。
明日には週明けまでにはどの生地にするか、
決めておきたいと思います。

「好きな生地を張りたい!」と
ピンときた方がいらっしゃれば、
土日の間に店舗までお問い合わせ下さいね。

明日はまた別の家具をご紹介いたします。
どうぞお楽しみに。

NO IMAGE

【 About Prae 】


プラエは2010年、徳島に誕生した"北欧ヴィンテージ家具"や"北欧食器・雑貨"やオリジナル家具、植物などを扱うインテリアショップです。

デンマーク語で「Hygge(ヒュッゲ)」という言葉があります。 他の国の言葉にするのが難しいのですが、『どことなく温かくて、居心地の良い雰囲気』といった彼らの独特の言葉です。北欧の暮らしやデザインが注目されるようになっていますが、それは純粋になにかのモノだけではなくどこか「Hygge」な空気感が私たちを惹き付けて止まないのかもしれません。

座り心地のよい、木製の椅子。 取っ手がレトロで使い勝手の良い50年前のデスク。 レトロで可愛い食器。 これって何に使うんだろう?そう思わず見入ってしまう古い古いオブジェ。プラエはときどき北欧に買付に行き、そこで出会ったものたちを大切に連れて帰ったりしています。

お店はそんな出会ったモノたちと、あなたのお部屋をつなぐ場所です。古いものだけではなくて、国内外で作られた中で北欧デザインを生かした家具をセレクトしたり、 オリジナルで家具を製作したりもできますので、コーディネートのご相談も良かったら。 ホームページやブログを見てもらって、お店に来てもらって。 どことなく居心地の良いそんな時間を過ごしてもらえれば、幸せです。

Prae Inteiror (プラエインテリア) 代表 香川 拓也