【10/14~】ムーミン冬マグ/オーナメント&クリスマスプレート

(今日は前半が長いので、ご興味が無い方はぐぐっと下スクロールをお願いします)

徳島のメディア会社、
あわわさんが新雑誌を創刊されるということで
見本誌とあるゼロ号を頂きました。

地域の情報誌、というと
イベントやお店の紹介、地域トレンドなど
どちらかというと消費される情報が
多く掲載されるものが中心のように思います。

創刊される雑誌「めぐる、」は違い
地域=徳島を掘り下げて、
取材に時間を費やしてより深く
ローカルな文化を取り上げる内容だそうです。

この表紙の画像からもその矜持は見えて、
不揃いの酢橘、木目からも
「飾らず、気取らず」といった意識が
あらわれているようにも思います。

プラエは徳島の産物を扱う店ではなく、
どちらかというと地域的外来種だと思っています。

お店を「徳島=地方」で作ろうと思ったのは
ひょうたん島ちゃんねるさんでお話したままですが
地方での多様性、選択肢という思いも大きいです。

それは地方で育った幼少期の
窮屈さや不自由さの反動でもありますが、
地方の可能性でもあると思っています。

世界がこれだけ身近になった現在、
グローバリゼーションから避けて生きるのは
かえって不自然な選択が多くなります。

グローバル化は地方を否定するものではありません。
反するようなその二つは共生できるものですし、
双方を尊重することでその良さは際立つものだと思います。

どの地方に行っても同じお店があり、
同じサービスが受けられることは悪い事ではありません。
むしろそれにより救われる事や人が多いのは、疑いようがありません。

そしてその地方に行かなければ味わえない景色や文化、
サービスがあるという事はその地域がそこである矜持に、
あるいは経済にと繋がっていくことだと思います。

そうした場所、地域へわざわざ足を運ぶ喜びは
「地域での独自性や優位性」もしくは
「提案する人物のセレクトや表現」と言った
多様性、異文化体験にあるように思います。

創刊される「めぐる、」はそんな徳島の根っ子の部分を捉えて
そしてメディアに昇華したもの、になりそうです。
(と、私は勝手に思っています。)

外来種のプラエではありますが、
徳島の多様性の端の端を担っている以上
なにがしかでご協力が出来て良ければ良いな、と思います。

発売は10月25日から。
少しですがプラエ店舗にも置かせてもらいますので、
ご来店の際はお手に取ってみて下さいね。

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —

明日、10月14日から
いよいよアラビアの冬マグ、オーナメントが発売となります。

https://www.prae.jp/item2_img/c3265_1.jpg
→ 新入荷一覧

これが届くと、冬の到来も間近ですよね。
今年は【3点以上】お買い上げで箱もプレゼントさせて頂きます。

もちろん1点からご購入いただけますので、
必要個数に応じてお声がけ下さい。

同時に、スウェーデンから届いております
クリスマスプレートも発売をスタート致します。

こちらも10月14日(水)0:00~ご購入頂けます。

11,000円(税込)以上で基本送料は店舗サービスとなりますので
良かったら合わせて、ご検討くださいね。

【重要】
※水曜定休日のため、店舗によるご購入確認の返信は15日(木)以降となります。
ご発送手配、お問い合わせ等の返信も同様となりますのでご了承ください。

→ 新入荷一覧

NO IMAGE

【 About Prae 】


プラエは2010年、徳島に誕生した"北欧ヴィンテージ家具"や"北欧食器・雑貨"やオリジナル家具、植物などを扱うインテリアショップです。

デンマーク語で「Hygge(ヒュッゲ)」という言葉があります。 他の国の言葉にするのが難しいのですが、『どことなく温かくて、居心地の良い雰囲気』といった彼らの独特の言葉です。北欧の暮らしやデザインが注目されるようになっていますが、それは純粋になにかのモノだけではなくどこか「Hygge」な空気感が私たちを惹き付けて止まないのかもしれません。

座り心地のよい、木製の椅子。 取っ手がレトロで使い勝手の良い50年前のデスク。 レトロで可愛い食器。 これって何に使うんだろう?そう思わず見入ってしまう古い古いオブジェ。プラエはときどき北欧に買付に行き、そこで出会ったものたちを大切に連れて帰ったりしています。

お店はそんな出会ったモノたちと、あなたのお部屋をつなぐ場所です。古いものだけではなくて、国内外で作られた中で北欧デザインを生かした家具をセレクトしたり、 オリジナルで家具を製作したりもできますので、コーディネートのご相談も良かったら。 ホームページやブログを見てもらって、お店に来てもらって。 どことなく居心地の良いそんな時間を過ごしてもらえれば、幸せです。

Prae Inteiror (プラエインテリア) 代表 香川 拓也