北欧から、ヴィンテージ照明

しとやかな雨が降る本日。

台風の影響もあるかと思ったのですが、
ここ徳島では風雨ともにいつもの秋雨程度で
少しホッとした一日でした。

店内はいつもより静かでしたので、
これ幸いと撮影に、WEBアップにと
仕事が進んでおります。

照明の方も準備が出来ましたのでご紹介を。
こちらはカイ・フランクがデザインしたペンダントライト。


→ペンダントライト(finel/Arabia)

装飾デザインはライヤ・ウォシッキネンが手がけて、
アラビアとも提携があったFinelで仕上げたホーローのペンダントです。

レトロで、味わいのあるデザイン。
個人的に好きな照明で、再度買い付けたものとなります。

ワット数は40W程度と控えめで、
補助灯も使いながらの利用がお勧めです。

こちらは..ちょっと変わってますよね。
スウェーデンのOrrefors(オレフォス)で製作された
1970年代頃のペンダントライトです。


→ ペンダントライト(Orrefors)

メタリックな胴体に、
蛍光色が似あうガラス窓。

レトロフューチャーなデザインですが、
モチーフはそのまま「UFO」です。

白色蛍光灯を灯すと、こうなります。

スウェーデンで製作されたものですが、
スタンダードな北欧インテリアというよりは
アクセント的なアイテムとして入れると良さそうです。

引っ掛けシーリングに加工も出来るのですが、
カバーの厚みから天井に「直結」するのがお勧めです。

コードに直接繋ぐ形になりますが、
徳島市でしたら提携の電気屋さんをご紹介しますので
気軽にお声がけくださいね。(工事費:4000~5000円ほど)
ご新築の際は工務店さんでもOKです。

どちらも1点ずつとなりますのでお部屋めにぜひぜひ。

NO IMAGE

【 About Prae 】


プラエは2010年、徳島に誕生した"北欧ヴィンテージ家具"や"北欧食器・雑貨"やオリジナル家具、植物などを扱うインテリアショップです。

デンマーク語で「Hygge(ヒュッゲ)」という言葉があります。 他の国の言葉にするのが難しいのですが、『どことなく温かくて、居心地の良い雰囲気』といった彼らの独特の言葉です。北欧の暮らしやデザインが注目されるようになっていますが、それは純粋になにかのモノだけではなくどこか「Hygge」な空気感が私たちを惹き付けて止まないのかもしれません。

座り心地のよい、木製の椅子。 取っ手がレトロで使い勝手の良い50年前のデスク。 レトロで可愛い食器。 これって何に使うんだろう?そう思わず見入ってしまう古い古いオブジェ。プラエはときどき北欧に買付に行き、そこで出会ったものたちを大切に連れて帰ったりしています。

お店はそんな出会ったモノたちと、あなたのお部屋をつなぐ場所です。古いものだけではなくて、国内外で作られた中で北欧デザインを生かした家具をセレクトしたり、 オリジナルで家具を製作したりもできますので、コーディネートのご相談も良かったら。 ホームページやブログを見てもらって、お店に来てもらって。 どことなく居心地の良いそんな時間を過ごしてもらえれば、幸せです。

Prae Inteiror (プラエインテリア) 代表 香川 拓也