コロナ禍でのスウェーデン。

スウェーデンのとある地方都市に住む
弊店の現地スタッフに雑貨をお願い致しました。

そんな中で出てきたお話で、
スウェーデンでは日本の「GO TO~」とは違い
「hemster(ヘムステル)」キャンペーンを実施しています。

hem=家  + semester=夏休み

「家で過ごす夏休み」と言った標語でしょうか。

そうした影響も大きいのか、
以前泊まった郊外のラグジュアリーなホテルが
本日の宿泊(素泊まり)は「231SEK(≒2700円)」という破格値でした。
思わず、泊まれないけど予約しかけました。(上の画像は別の場所です)

「落ち着いたら北欧に行くね」とは言うものの、
あちらではお土産物屋が閉店した、だとかネガティブな話も多く
現地に行けばこれまでとの違いを大きく感じそうです。
『地球の歩き方』もだいぶ書き換えが必要でしょうね。

ここ徳島では半月、新規患者が増えていませんが
お店では気持ちは緩めず、対策を講じて
皆様をお迎えできればと思います。

ストックホルムでは4割の集団免疫を獲得した、とは
カロリンスカ大学病院の宮川絢子医師による談。

それぞれの地域で、
少しずつ良い環境へと変わっていきますように。

— — — — — — — — — — — — — — — — —

家にこもることでは定評があります
「3匹の子豚」がお店に到着しています。

こちらは北欧…から少し南に行きまして
バルト三国の「ラトビア」で製作されたと思われる
3匹の子豚のソルト&ペッパー。

→ 商品詳細

身体がパカッと開きまして
左右の子豚には塩と胡椒が入ります。

真ん中の大きな子豚は
背中の…なんでしょう、荷台かな…が開きまして
中に調味料(当時はマスタード)入れに。
日本だと、七味唐辛子でしょうかね。

そのほか、ニッチな需要がある
ヴィンテージの腕時計も入荷しています。

手巻き時計の機械音…
好きな人にはたまらないですよね。

いつもよりゆっくりの旅路ですが、
普段よりも多めに買い付けをしています。

彼らとは北欧現地での再開を楽しみに、
しばらくは画面上から現地にお願いしておきたいと思います。

入荷したアイテムは実店舗・WEB双方でご覧いただけます。
お店へのご来店が難しい皆様も、
良かったらWebからお声がけくださいね。

 → プラエWEB

NO IMAGE

【 About Prae 】


プラエは2010年、徳島に誕生した"北欧ヴィンテージ家具"や"北欧食器・雑貨"やオリジナル家具、植物などを扱うインテリアショップです。

デンマーク語で「Hygge(ヒュッゲ)」という言葉があります。 他の国の言葉にするのが難しいのですが、『どことなく温かくて、居心地の良い雰囲気』といった彼らの独特の言葉です。北欧の暮らしやデザインが注目されるようになっていますが、それは純粋になにかのモノだけではなくどこか「Hygge」な空気感が私たちを惹き付けて止まないのかもしれません。

座り心地のよい、木製の椅子。 取っ手がレトロで使い勝手の良い50年前のデスク。 レトロで可愛い食器。 これって何に使うんだろう?そう思わず見入ってしまう古い古いオブジェ。プラエはときどき北欧に買付に行き、そこで出会ったものたちを大切に連れて帰ったりしています。

お店はそんな出会ったモノたちと、あなたのお部屋をつなぐ場所です。古いものだけではなくて、国内外で作られた中で北欧デザインを生かした家具をセレクトしたり、 オリジナルで家具を製作したりもできますので、コーディネートのご相談も良かったら。 ホームページやブログを見てもらって、お店に来てもらって。 どことなく居心地の良いそんな時間を過ごしてもらえれば、幸せです。

Prae Inteiror (プラエインテリア) 代表 香川 拓也