ギャベ、もう一度お店に届くらしいです。

朝晩、急に寒くなりましたね。
ギャベの上でごろんとしたくなる今日この頃です。

朝からショックなニュースがあり、
気落ちしながらお店にやってくると
イランから怪しげなメールが届いていました。

開けようかどうか迷ったのですが
「ウィルスということもあるめぇ」と
私の心の中の江戸っ子が言いますので
そっとクリックをしてみました。

「ギャベ、送ったよ~!」

・・・え?

今年の春頃に
「秋冬に、ギャベが欲しいんだけど」と
彼に相談した、事は覚えています。

そして先日、たしかに
「(予想外に)夏に届いたけど、お客様に助けられた」と
彼に伝えたことまでは覚えています。

今年はそれで一応完了…のはず、では…??
おかしいな、それとも私がおかしいんでしょうか。


 おりかけのギャベでシャイニングごっこ

とても勤勉なことに、
今回は日本への到着の連絡ではなく
あちらからの発送の連絡をしてくれたようです。

ありがたいですね。(棒読み)

到着日は未定ですが
数十枚…たぶん50枚前後、
お店に到着することになりそうです。

カーペット、特にギャベをご検討の方。
もしお時間に余裕があるようでしたら、
良かったらチェックしておいてくださいね。

玄関サイズ、リビングサイズ、もちろん座布団も。
今年は豪華に(予期せず)2回目の入荷が決定し(てい)ました。

早ければ…10月中でしょうね。
のんびりとお待ちくださいませ。

NO IMAGE

【 About Prae 】


プラエは2010年、徳島に誕生した"北欧ヴィンテージ家具"や"北欧食器・雑貨"やオリジナル家具、植物などを扱うインテリアショップです。

デンマーク語で「Hygge(ヒュッゲ)」という言葉があります。 他の国の言葉にするのが難しいのですが、『どことなく温かくて、居心地の良い雰囲気』といった彼らの独特の言葉です。北欧の暮らしやデザインが注目されるようになっていますが、それは純粋になにかのモノだけではなくどこか「Hygge」な空気感が私たちを惹き付けて止まないのかもしれません。

座り心地のよい、木製の椅子。 取っ手がレトロで使い勝手の良い50年前のデスク。 レトロで可愛い食器。 これって何に使うんだろう?そう思わず見入ってしまう古い古いオブジェ。プラエはときどき北欧に買付に行き、そこで出会ったものたちを大切に連れて帰ったりしています。

お店はそんな出会ったモノたちと、あなたのお部屋をつなぐ場所です。古いものだけではなくて、国内外で作られた中で北欧デザインを生かした家具をセレクトしたり、 オリジナルで家具を製作したりもできますので、コーディネートのご相談も良かったら。 ホームページやブログを見てもらって、お店に来てもらって。 どことなく居心地の良いそんな時間を過ごしてもらえれば、幸せです。

Prae Inteiror (プラエインテリア) 代表 香川 拓也