フィンランド映画『365日のシンプルライフ』

昨日…か、一昨日ですが
テレビをザッピングしていると
見覚えのある映像に目が留まりました。

これは…『365日のシンプルライフ』だ。

プラエインテリアが5周年の時に、
知り合いのエミールさんに会場をお借りして
上映会を開いたフィンランド映画。
→ そのときのご紹介

フィンランド人の若者が、失恋をきっかけに、
自分の持ちモノすべてをリセットして行なった365日の“ 実験”生活。

久しぶりに、良い時間を思い出しました。
「暮らし」に対して見直すとても良質な映画です。

まだご覧になられたことが無い方は、
良かったらぜひご覧になってみて下さいね。

動画配信サイト(amazonプライム等)や、
レンタルショップ等でも取り扱いがありそうです。

— — — — — — — — — — — —

シンプルライフ、を志したいものですが
生活をしているとなかなか難しい。

そんな方には「飾る」と「隠す」収納の
両方がある家具というセレクトもお勧めです。


 → ビューローキャビネット

どこか、空いたスペースで置く場所があれば
「飾るだけのもの」も「日用品」も「一時的なモノ」も
ごちゃごちゃに置いてしまう。

インテリアとしてもありがちですが
お部屋が落ち着かないのはそうしたスタイルが
起因していることが大いにあります。

そんなときはまず1カ所、好きな場所を選んで
「気に入った、飾り映えがするもの」だけを
空間に余裕を持たせて飾ると良いかもしれません。

見せたくないものはいったん「隠す」収納へお片付け。
それが出来れば、その隣の場所を“つくる”。

そんな習慣が身に着けば、
自然に家のスタイルというのもまとまって
インテリアも落ち着くように思います。

シンプル、が良いですが
飾りっ気が無いのもまた寂しいです。

そんなバランスを取りながら、
気持ちが良い「暮らし」の環境を整えたいですね。

NO IMAGE

【 About Prae 】


プラエは2010年、徳島に誕生した"北欧ヴィンテージ家具"や"北欧食器・雑貨"やオリジナル家具、植物などを扱うインテリアショップです。

デンマーク語で「Hygge(ヒュッゲ)」という言葉があります。 他の国の言葉にするのが難しいのですが、『どことなく温かくて、居心地の良い雰囲気』といった彼らの独特の言葉です。北欧の暮らしやデザインが注目されるようになっていますが、それは純粋になにかのモノだけではなくどこか「Hygge」な空気感が私たちを惹き付けて止まないのかもしれません。

座り心地のよい、木製の椅子。 取っ手がレトロで使い勝手の良い50年前のデスク。 レトロで可愛い食器。 これって何に使うんだろう?そう思わず見入ってしまう古い古いオブジェ。プラエはときどき北欧に買付に行き、そこで出会ったものたちを大切に連れて帰ったりしています。

お店はそんな出会ったモノたちと、あなたのお部屋をつなぐ場所です。古いものだけではなくて、国内外で作られた中で北欧デザインを生かした家具をセレクトしたり、 オリジナルで家具を製作したりもできますので、コーディネートのご相談も良かったら。 ホームページやブログを見てもらって、お店に来てもらって。 どことなく居心地の良いそんな時間を過ごしてもらえれば、幸せです。

Prae Inteiror (プラエインテリア) 代表 香川 拓也