【営業時間】9月15日/17日の営業時間について

9月15日、17日はお客様宅での
インテリアコーディネート、納品に伴い
下記の通り営業時間を変更させて頂きます。

ご来店を予定いただいている皆様にはご迷惑をおかけしますが
どうぞよろしくお願い致します。

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —

ここ徳島県でも駅前にあった
そごうが先月末に弊店となったばかりですが
北欧のフィンランドでも、そんな危機がありました。

ヘルシンキを代表するデパート、ストックマン。
同市を訪れた日本人の半分以上は
一度は行かれたことがるのではないでしょうか。

ストックマンはコロナショックによって
4月末に企業再編を申請。

アアルト設計の建物の売却計画もありましたが、
この危難を乗り越えたのが…「看板」の入れ替え。

#meidänstocka とは、
私たちのストッカ(ストックマンの愛称) という意味。

ストックマンに関わる方に感謝の気持ちと、
メッセージを伝えようと看板を変えたそうです。

この作戦が良かったのか
WEBでの売り上げは倍増し、
8月末に看板は元に戻ったそうです。

昨年、買付で訪問した時は
このデパートの裏では小さな音楽会が開かれていました。

こうした人が集まる場所には厳しい状況ですが、
地域のアイコンとなる象徴というのも
また必要なものだと思います。

どこもかしこも同じような商業施設、ではなく
地域ごとに特色のある場所があれば良いですね。

ストックマン、また旅に出られるようになれば
また遊びに行きたいものです。

NO IMAGE

【 About Prae 】


プラエは2010年、徳島に誕生した"北欧ヴィンテージ家具"や"北欧食器・雑貨"やオリジナル家具、植物などを扱うインテリアショップです。

デンマーク語で「Hygge(ヒュッゲ)」という言葉があります。 他の国の言葉にするのが難しいのですが、『どことなく温かくて、居心地の良い雰囲気』といった彼らの独特の言葉です。北欧の暮らしやデザインが注目されるようになっていますが、それは純粋になにかのモノだけではなくどこか「Hygge」な空気感が私たちを惹き付けて止まないのかもしれません。

座り心地のよい、木製の椅子。 取っ手がレトロで使い勝手の良い50年前のデスク。 レトロで可愛い食器。 これって何に使うんだろう?そう思わず見入ってしまう古い古いオブジェ。プラエはときどき北欧に買付に行き、そこで出会ったものたちを大切に連れて帰ったりしています。

お店はそんな出会ったモノたちと、あなたのお部屋をつなぐ場所です。古いものだけではなくて、国内外で作られた中で北欧デザインを生かした家具をセレクトしたり、 オリジナルで家具を製作したりもできますので、コーディネートのご相談も良かったら。 ホームページやブログを見てもらって、お店に来てもらって。 どことなく居心地の良いそんな時間を過ごしてもらえれば、幸せです。

Prae Inteiror (プラエインテリア) 代表 香川 拓也