Youtubeデビュー

北欧ではないのですが、
一応、専門分野の美術館のお話。

先日、大英博物館(イギリス)が
葛飾北斎の幻の挿絵を購入したという
面白いニュースがありました。

→ 大英博物館

1829年の作品103点、というなので
北斎が69歳の頃の作品ですね。

知るほど異様なバイタリティに魅せられますが、
当時としては高齢の90歳で亡くなるときに
「天があと10年…5年くれれば、
本物の画家になれる」のに、と嘆息したのも
とても心に響いた言葉でもあります。

閑話休題、今回の103点のうちの1つは
例えばこんな作品です。


葛飾北斎 『万物絵本大全図』より 1829 
(C) The Trustees of the British Museum

・・・集中線!

200年近く前に、
もう日本には漫画の原型があったのですね。
(北斎漫画というのもありますが。)

作品は下のリンクからご覧いただけます。
卓越した図版、ぜひぜひ。

→ 大英博物館オンライン(葛飾北斎へのリンク)
※英語、ですが 絵ですので気軽にどうぞ。

— — — — — — — — — — — — — —

葛飾北斎のようなあくの強さは無く、
どちらかというと澄まし汁のような私ですが
月末にこちらの対談でYoutubeデビューが決まりました。

建築家ナカノジロウさんが携わる
「ひょうたん島不動産」の動画部門、“ひょうたん島チャンネル”

今年の初夏に開設され、
住宅についての動画をアップされているのですが
9月25日は初のトークイベントということで
第一弾のゲストスピーカーとしてお声掛けいただきました。

学術的なお話はたぶん皆無で、
コーヒー片手にまったり聞くような内容です。
北欧の話、インテリアの話、買付の話、旅の話。

余裕があればコメントを頂ければ応えられる…かな。
ちょっと技術的なことが分かりませんが、
なるべくご対応もしていければと思っています。

それに先立ち、9月12日は
「約17坪+ロフトで4世代が集まる平屋」と
興味津々の動画もアップされます。
チャンネル登録の上、良かったらご覧くださいませ。

恥ずかしいので、事前の広告は今日だけです。
9月25日(金)19:30~20:30頃。
こちらのYoutubeチャンネルでお会いしましょう。

以上、PRAKIN(プラキン)からのお知らせでしたYO。(古い)

NO IMAGE

【 About Prae 】


プラエは2010年、徳島に誕生した"北欧ヴィンテージ家具"や"北欧食器・雑貨"やオリジナル家具、植物などを扱うインテリアショップです。

デンマーク語で「Hygge(ヒュッゲ)」という言葉があります。 他の国の言葉にするのが難しいのですが、『どことなく温かくて、居心地の良い雰囲気』といった彼らの独特の言葉です。北欧の暮らしやデザインが注目されるようになっていますが、それは純粋になにかのモノだけではなくどこか「Hygge」な空気感が私たちを惹き付けて止まないのかもしれません。

座り心地のよい、木製の椅子。 取っ手がレトロで使い勝手の良い50年前のデスク。 レトロで可愛い食器。 これって何に使うんだろう?そう思わず見入ってしまう古い古いオブジェ。プラエはときどき北欧に買付に行き、そこで出会ったものたちを大切に連れて帰ったりしています。

お店はそんな出会ったモノたちと、あなたのお部屋をつなぐ場所です。古いものだけではなくて、国内外で作られた中で北欧デザインを生かした家具をセレクトしたり、 オリジナルで家具を製作したりもできますので、コーディネートのご相談も良かったら。 ホームページやブログを見てもらって、お店に来てもらって。 どことなく居心地の良いそんな時間を過ごしてもらえれば、幸せです。

Prae Inteiror (プラエインテリア) 代表 香川 拓也