炎天下の失敗。

先日のお休みに、
久しぶりに魚釣りに行ってきました。

川釣りは何年振りか、になるのですが
30㎝オーバーを筆頭に20匹あまりの釣果。


 アマゴ。徳島ではアメゴと呼びます。

自然と向き合う時間も楽しく、良い休日を過ごしました。

、、、までは良かったのですが
楽しみすぎて気が付けば腕が真っ赤に。
今日はとうとう皮が一部剥けてきました…お、おおぅ。

ということで、
しばらく店頭でも長袖勤務のプラエです。
暑苦しくお見苦しいですが、どうぞご了承くださいませ。

皆様も暑い日が続きますので、
どうかお身体ご自愛くださいね。

— — — — — — — — — — — — — — — — — — —

昨日放送のこの番組、特集はペルシャでした。

イランのペルシャ絨毯、
万華鏡のような美しさに目を奪われますよね。

同じイランで遊牧民が織っているのがギャッベ。
草木染のウールを手織りで仕上げた、
牧歌的で素朴なデザインが魅力の敷物です。

遊牧での移動生活。
旅の中でこうしたギャベは馬の背に丸めて乗せられ、
行く先々でテントに敷かれて使用されていました。

寒暖の差が激しいイランの高地、
吸湿発散性が高い羊の毛は夜寒いときは空気を溜め身体を暖め、
暑いときは湿気を逃がして熱を溜め込みません。

一見暑いように見えるギャベですが、
年中使えるのにはそうした伝統の知恵が
織り込まれているからなのでしょう。

近年は特にデザイン関係でも日本の住宅で選ばれる事が増え、
愛用される方も増えてきたように思います。

北欧でも実はずいぶん昔から愛用されており、
買付に行くたびに北欧家具と一緒に置いている光景をよく目にします。

プラエではイランからの直送便があり
座布団サイズから6㎡(2m×3m)までの数十枚が
いまも店舗に展示されています。

価格は6,800~。

全て1点ずつのご用意となります。

特別イベント等ではないのですが
毎週必ずお店から旅立っていくギャベたち。

定期入荷とは言い難いアイテムですので、
良かったらお早めにご検討くださいね。

→ ギャベの在庫一覧

NO IMAGE

【 About Prae 】


プラエは2010年、徳島に誕生した"北欧ヴィンテージ家具"や"北欧食器・雑貨"やオリジナル家具、植物などを扱うインテリアショップです。

デンマーク語で「Hygge(ヒュッゲ)」という言葉があります。 他の国の言葉にするのが難しいのですが、『どことなく温かくて、居心地の良い雰囲気』といった彼らの独特の言葉です。北欧の暮らしやデザインが注目されるようになっていますが、それは純粋になにかのモノだけではなくどこか「Hygge」な空気感が私たちを惹き付けて止まないのかもしれません。

座り心地のよい、木製の椅子。 取っ手がレトロで使い勝手の良い50年前のデスク。 レトロで可愛い食器。 これって何に使うんだろう?そう思わず見入ってしまう古い古いオブジェ。プラエはときどき北欧に買付に行き、そこで出会ったものたちを大切に連れて帰ったりしています。

お店はそんな出会ったモノたちと、あなたのお部屋をつなぐ場所です。古いものだけではなくて、国内外で作られた中で北欧デザインを生かした家具をセレクトしたり、 オリジナルで家具を製作したりもできますので、コーディネートのご相談も良かったら。 ホームページやブログを見てもらって、お店に来てもらって。 どことなく居心地の良いそんな時間を過ごしてもらえれば、幸せです。

Prae Inteiror (プラエインテリア) 代表 香川 拓也