KILTAのティーポットと、TEEMAのキャニスター

ここ数日、プラエのある徳島県でも
少しずつコロナ陽性の報告が増えてきました。

今日は「とくしまアラート」なる、
警戒を呼び掛けが発動されました。

体調不調時には無理せず、自宅療養を…と
まずは初期段階の警戒宣言ですね。


お肌しっとり成分配合 アルコールジェル(70%)

以前はあれほど叩かれていたスウェーデンの“反ロックダウン”施策は
ここに来て効果が見えてきたのか、大幅に感染者が減少しているようです。

それでも累計の死者や陽性者数は多く、
結局何が正しかったかは数年後に明らかになりそうです。

お店ではまず、出来る対策を。

実店舗としては適宜の換気と消毒、
店舗スタッフの手洗いうがいを含めた体調管理。

ご来店のお客様には入退店の際には
備え付けのアルコール手指消毒と、
可能であればマスクの着用をお願い致します。

現状のところ店舗営業に変更はありませんが、
行政の要請によっては営業時間短縮、休業等もあり得ますので
ご相談等、大きな用事でご来店の際は
お手数ですが事前にご連絡いただけるとスムーズです。

どうぞよろしくお願い致します。

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —

入荷が重なってあまり紹介できていませんでしたが
なかなか人気の高いアイテムも入荷しております。

こちらはキルタとティーマのイエロー。

ティーポットはキルタ。
ファイアンス焼きで製作されています。

キャニスターはティーマ。
こちらはストーンウェア(せっ器)です。

時代の変遷に合わせて、
柔軟に思考をシフトしていく。

カイフランクのこうした姿勢には
大いに学ぶものがあるように思います。

→ 新入荷一覧

NO IMAGE

【 About Prae 】


プラエは2010年、徳島に誕生した"北欧ヴィンテージ家具"や"北欧食器・雑貨"やオリジナル家具、植物などを扱うインテリアショップです。

デンマーク語で「Hygge(ヒュッゲ)」という言葉があります。 他の国の言葉にするのが難しいのですが、『どことなく温かくて、居心地の良い雰囲気』といった彼らの独特の言葉です。北欧の暮らしやデザインが注目されるようになっていますが、それは純粋になにかのモノだけではなくどこか「Hygge」な空気感が私たちを惹き付けて止まないのかもしれません。

座り心地のよい、木製の椅子。 取っ手がレトロで使い勝手の良い50年前のデスク。 レトロで可愛い食器。 これって何に使うんだろう?そう思わず見入ってしまう古い古いオブジェ。プラエはときどき北欧に買付に行き、そこで出会ったものたちを大切に連れて帰ったりしています。

お店はそんな出会ったモノたちと、あなたのお部屋をつなぐ場所です。古いものだけではなくて、国内外で作られた中で北欧デザインを生かした家具をセレクトしたり、 オリジナルで家具を製作したりもできますので、コーディネートのご相談も良かったら。 ホームページやブログを見てもらって、お店に来てもらって。 どことなく居心地の良いそんな時間を過ごしてもらえれば、幸せです。

Prae Inteiror (プラエインテリア) 代表 香川 拓也