自宅でのPC作業でお疲れの方に…椅子の高さ、間違っていませんか?

4連休2日目。
ギャベ展も2日目。

「3連休の時は2日目は何故かご来客が少ない」と
以前の職場からのジンクスなのですが、
4連休の2日目はご来客も多い一日でした。

今日もギャベを中心に、
いろいろとお買い物有難うございました。

本日お声がけの多かったものが
座布団サイズのギャベ。

このサイズはデザインが豊富で、
服を選ぶように色や柄が楽しめます。

ソファや椅子にはもちろん、
和室や縁側で使っても可愛いですね。

お仕事をテレワークをされている方も多い今日この頃ですが、
ダイニングチェアの座り心地にご不満のある方もいるかと思います。

もともと専門的な事務椅子とダイニングチェアは
機能性のベクトルが若干異なります。

そのため長時間のデスクワークにダイニングチェアは
適していないものも少なくありません。

特に「自分の体形」に合わせて買っていない、
デザイン重視の椅子はその傾向が強いです。

椅子は特に『身体に沿う道具』ですので、
性別や年齢、体格によってちょうどいい椅子は異なります。
また使うシチュエーションによってもベストは変わります。

テレワークの場合では椅子とテーブルの高さの関係性が
「PC(キーボード)」と「食事/書き物」で異なるのが
身体の不調と関わりあるように思います。

具体的には、上の2つでは理想とする座面と天板の高差が異なるため
同じ家具環境では疲労が溜まりやすい可能性があると言えます。


少し緩めの基準で目安で言うと、
食事時とPC作業時の高さバランスは下記のようになります。

[身長171㎝の方の場合] (食事)→ 天板と座面の差は30㎝±3㎝程度
(PC)→ 天板と座面の差は25㎝±3㎝程度

[身長154㎝の場合] (食事)→ 天板と座面の差は27.5㎝±3㎝程度
(PC)→ 天板と座面の差は23㎝±3㎝程度

(※わたし、脚が長いの!といった個人の事情により変動します)

つまり、食事用のチェア・テーブルでPC作業をする場合は
通常よりも4-5㎝座面が高いほう平均的に良い、という事になります。
(テーブルの高さによっても左右されます。あくまで目安程度に。)

長引くテレワークで肩や腰が痛い、という方は
もしかしたら椅子とテーブルのバランスが悪いかもしれません。

椅子を買い替えるのは難しい…という方は、
ギャベやクッションなどで厚みのあるものを使うと
少しそうした悩みの解消に近づけそうですね。
柄もたくさんありますので、気持ちも楽しめそうです。

→ギャベ一覧

もちろん、椅子やテーブル自体のご相談も承りますので
良かったらお店までご相談ください。

ご家族の構成や体格などによっても大きく左右される話ですので、
書ききれなかった事も含めてぴったりの家具をご提案させて頂きますね。
ご来店の際は気軽にお声がけくださいませ。

NO IMAGE

【 About Prae 】


プラエは2010年、徳島に誕生した"北欧ヴィンテージ家具"や"北欧食器・雑貨"やオリジナル家具、植物などを扱うインテリアショップです。

デンマーク語で「Hygge(ヒュッゲ)」という言葉があります。 他の国の言葉にするのが難しいのですが、『どことなく温かくて、居心地の良い雰囲気』といった彼らの独特の言葉です。北欧の暮らしやデザインが注目されるようになっていますが、それは純粋になにかのモノだけではなくどこか「Hygge」な空気感が私たちを惹き付けて止まないのかもしれません。

座り心地のよい、木製の椅子。 取っ手がレトロで使い勝手の良い50年前のデスク。 レトロで可愛い食器。 これって何に使うんだろう?そう思わず見入ってしまう古い古いオブジェ。プラエはときどき北欧に買付に行き、そこで出会ったものたちを大切に連れて帰ったりしています。

お店はそんな出会ったモノたちと、あなたのお部屋をつなぐ場所です。古いものだけではなくて、国内外で作られた中で北欧デザインを生かした家具をセレクトしたり、 オリジナルで家具を製作したりもできますので、コーディネートのご相談も良かったら。 ホームページやブログを見てもらって、お店に来てもらって。 どことなく居心地の良いそんな時間を過ごしてもらえれば、幸せです。

Prae Inteiror (プラエインテリア) 代表 香川 拓也