ワンポイントで、お部屋をお洒落に飾る。

「置いて、ひとつでお洒落に見えるものをください」
…とご相談を頂きました。

こうしたストレートなご相談、楽しいです。

基本的にはトータルで成り立つのが
インテリアなのだとおもいます。
「ワンポイントだけで空間を演出する」となると
なかなか難しいものです。

あえて弊店でご用意があるものの中でいえば
「オブジェ」「観葉植物」「フラワーベース」が
その答えになりそうです。

飾り気がない部屋でも、
それをひとつ置くだけで雰囲気が出る。

そういったものは「実用品」ではなく、
どちらかというと無くても成り立つモノが
向いているものが多いです。

 
“芸術は生活の過剰だそうである”

とは芥川龍之介の言葉ですが、
確かに日常生活から半歩はみ出た余裕が
美を慈しむ感情を育んでいるように思います。

万人に有無を言わさず「美しい」と
感じてもらうのはなかなか難しいですが、
「自然」や「造形物」といったものだと
人生の中でも触れ合う機会が多く、
受け入れられやすい土壌もあるように思います。

翻って抽象画や前衛芸術などは
受け取る側に素養や人間的な成熟さを
求められるものもあるようです。

日用品…弊店の取り扱いでは食器などもですが、
これは感覚的にも美的なものが多いですが
空間演出、となるとシーンを揃えるような
準備が必要なもののように思います。
(もちろん1点で成り立つものもあるのですが。)

どれだけ美しいカップをテーブルに置いていていても
「あれ?片づけないの?」と思われそうですしね。

…と。昨日に続いて面倒なことを言いましたが
「(選ばれる方の)スタイルに合った、少し余剰なもの」で
“お洒落”さを足すなら「どこか心地よい緊張感のある」
…といったモノでいかがでしょうか。

先日届いたアーキテクトメイドのオブジェも
そんなアイテムの一つだと思いますよ。

→ 新入荷一覧

そうそう、先ほどの芥川龍之介の言葉には続きがあります。
わりと大切に思っている言葉なので、書き足しておきます。

❝ 芸術は生活の過剰だそうである。 
 しかし人間を人間たらしめるものは常に生活の過剰である。
僕等は人間たる尊厳の為に生活の過剰を作らなければならぬ。
更に又巧みにその過剰を大いなる花束に仕上げねばならぬ。
生活に過剰をあらしめるとは生活を豊富にすることである。 ❞

(“大正十二年九月一日の大震に際して”より抜粋)
 

NO IMAGE

【 About Prae 】


プラエは2010年、徳島に誕生した"北欧ヴィンテージ家具"や"北欧食器・雑貨"やオリジナル家具、植物などを扱うインテリアショップです。

デンマーク語で「Hygge(ヒュッゲ)」という言葉があります。 他の国の言葉にするのが難しいのですが、『どことなく温かくて、居心地の良い雰囲気』といった彼らの独特の言葉です。北欧の暮らしやデザインが注目されるようになっていますが、それは純粋になにかのモノだけではなくどこか「Hygge」な空気感が私たちを惹き付けて止まないのかもしれません。

座り心地のよい、木製の椅子。 取っ手がレトロで使い勝手の良い50年前のデスク。 レトロで可愛い食器。 これって何に使うんだろう?そう思わず見入ってしまう古い古いオブジェ。プラエはときどき北欧に買付に行き、そこで出会ったものたちを大切に連れて帰ったりしています。

お店はそんな出会ったモノたちと、あなたのお部屋をつなぐ場所です。古いものだけではなくて、国内外で作られた中で北欧デザインを生かした家具をセレクトしたり、 オリジナルで家具を製作したりもできますので、コーディネートのご相談も良かったら。 ホームページやブログを見てもらって、お店に来てもらって。 どことなく居心地の良いそんな時間を過ごしてもらえれば、幸せです。

Prae Inteiror (プラエインテリア) 代表 香川 拓也