<7月の営業等についてお知らせ>

気が付けば6月30日。
2020年も半分が過ぎましたね。

今年は新型コロナウィルスの影響で、
皆様の暮らしにも大きな変化があったものと思います。

この半年間、早かったような気もしますし
正月がずっと前のようにも思います。

毎年用意している年間スケジュールを見返すと、
2020年の6月末はスウェーデンにいる予定でした。

予定は大きく変わりましたが、
現地のスタッフや友人たちのサポートもあり
入荷も例年以上に順調で、助かっています。

例年の「北欧買付フェア」は開催できませんが、
7月はしばし旅情に浸っていただけるような
そんなご用意もしておりますので
どうぞお楽しみにしておいてくださいね。


 (お土産展のご用意は現在、北欧から日本に向かってきております。)

北欧からのヴィンテージ便は
現在もいくつか、お店に向かっています。
木曜日もフィンランドから、到着予定。

ギャベ…も手配は出来ましたので、
ゆっくり到着を待っておこうと思います。
こちらは…初秋、でしょうかね。

7月末にはヴィンテージ家具のコンテナも入荷予定です。
なんだかんだで賑やかですね。

いつ来ても何か新しいものと出会えますので、
お近くのお越しの際は遊びにお越しください。

2020年下半期も、どうぞよろしくお願い致します。
※明日7月1日は定休日となります。

NO IMAGE

【 About Prae 】


プラエは2010年、徳島に誕生した"北欧ヴィンテージ家具"や"北欧食器・雑貨"やオリジナル家具、植物などを扱うインテリアショップです。

デンマーク語で「Hygge(ヒュッゲ)」という言葉があります。 他の国の言葉にするのが難しいのですが、『どことなく温かくて、居心地の良い雰囲気』といった彼らの独特の言葉です。北欧の暮らしやデザインが注目されるようになっていますが、それは純粋になにかのモノだけではなくどこか「Hygge」な空気感が私たちを惹き付けて止まないのかもしれません。

座り心地のよい、木製の椅子。 取っ手がレトロで使い勝手の良い50年前のデスク。 レトロで可愛い食器。 これって何に使うんだろう?そう思わず見入ってしまう古い古いオブジェ。プラエはときどき北欧に買付に行き、そこで出会ったものたちを大切に連れて帰ったりしています。

お店はそんな出会ったモノたちと、あなたのお部屋をつなぐ場所です。古いものだけではなくて、国内外で作られた中で北欧デザインを生かした家具をセレクトしたり、 オリジナルで家具を製作したりもできますので、コーディネートのご相談も良かったら。 ホームページやブログを見てもらって、お店に来てもらって。 どことなく居心地の良いそんな時間を過ごしてもらえれば、幸せです。

Prae Inteiror (プラエインテリア) 代表 香川 拓也