月食・月の土地・爵位。

本日2020年6月21日、
日本では部分日食が見られます。

…という事で楽しみにしていたのですが、
残念ながらここ徳島では曇り空でした。
月が覆う前に、雲に隠されるとは。。。

今日のご紹介は月繋がりで
デンマーク、ロイヤルコペンハーゲンから
1969年のイヤープレートを。


→ イヤープレート1969年

通常のクリスマスプレートとは別に、
1969年7月20日にアポロ11号によって
人類による初の月面着陸成功したことを
記念して作られた特別なモデルです。

月面へは1969-72年の間、
合計6回のミッションで12名が到達しています。

初到達から51年。
最後の到達からは48年。

技術的には圧倒的に進んだ現在ですが、
月まで行くには3兆円ほど費用が掛かるそうです。(NASA試算)
費用対効果で考えるとツラいですが、まだまだ夢のある話ですよね。

そういえばずいぶん昔に、
「月面の土地」をもらったことを思い出しました。
(たぶん実家のどこかに権利書があったはず…)

記憶が確かであれば1エーカー。
4047㎡、1224坪。なかなか広いですね。

プラエインテリア月面支店へお越しの際は
どうぞごゆっくりとお過ごしください。

ちなみに、月面の土地は現在こちらからご購入頂けます。
(私の土地は映画の付録か何かでもらったと記憶しています)

→ Lunar Embassy Japan

調べると1エーカーで2700円。
実利はともかく、お楽しみとしては妥当な気もします。

— —

同じような感覚ですが、
爵位を販売している国(正確には認知されていませんが)も。

→ PRINCIPALITY OF SEALAND (英語)

ここでは寄付金によって爵位を頂けるようです。

「男爵」36.99ユーロ(4,420円)
「伯爵」244.99ユーロ(29,260円)
「公爵」592.01ユーロ(70,700円)
「騎士」119.99ユーロ(14,500円)

ちょっと欲しい、と思うのは私だけでしょうか。
日本では西川きよしさんがLord(卿)だそうです。
ジョークグッズはお小遣いのLoad(負担)にならない程度で、ぜひぜひ。

NO IMAGE

【 About Prae 】


プラエは2010年、徳島に誕生した"北欧ヴィンテージ家具"や"北欧食器・雑貨"やオリジナル家具、植物などを扱うインテリアショップです。

デンマーク語で「Hygge(ヒュッゲ)」という言葉があります。 他の国の言葉にするのが難しいのですが、『どことなく温かくて、居心地の良い雰囲気』といった彼らの独特の言葉です。北欧の暮らしやデザインが注目されるようになっていますが、それは純粋になにかのモノだけではなくどこか「Hygge」な空気感が私たちを惹き付けて止まないのかもしれません。

座り心地のよい、木製の椅子。 取っ手がレトロで使い勝手の良い50年前のデスク。 レトロで可愛い食器。 これって何に使うんだろう?そう思わず見入ってしまう古い古いオブジェ。プラエはときどき北欧に買付に行き、そこで出会ったものたちを大切に連れて帰ったりしています。

お店はそんな出会ったモノたちと、あなたのお部屋をつなぐ場所です。古いものだけではなくて、国内外で作られた中で北欧デザインを生かした家具をセレクトしたり、 オリジナルで家具を製作したりもできますので、コーディネートのご相談も良かったら。 ホームページやブログを見てもらって、お店に来てもらって。 どことなく居心地の良いそんな時間を過ごしてもらえれば、幸せです。

Prae Inteiror (プラエインテリア) 代表 香川 拓也