【再】リサラーソンの3匹のねずみ

スウェーデンでは本日、
6月6日はナショナルデーです。


 ※写真は今年ではなく、以前のものです

日本で言えば「建国記念日&憲法記念日」で、
1523年に建国の父グスタフ・ヴァーサが国王に就任したのもこの日ですし、
1809年に憲法が制定されたのもこの6月6日となります。

今年はさすがに自粛要請が出ているようで、
大きなイベントは軒並み中止となっていますが、
インスタグラムでは国旗の色の「青と黄色」を
服装で、花で、と表現した方もちらほらと。
さわやかな色合いで、良いですね。

6月はスウェーデンにとっては大切な月で
高校の卒業式もありますし、夏至祭もあります。

諸外国からの評価はさておき、
現地の人は案外ニュートラルな連絡が多いですが、
無理のない終息となる事を期待しております。

— — — — — — — — — — — — — —

コロナの影響も大きく、
スウェーデンからの入荷が再度遅れております
「3匹のねずみ」もようやくめどがたってきました。

…とはいえ、7月入荷予定ですが。

ご予約いただいている分も、
やっと次回の便でお納めすることが出来そうです。
ご迷惑をお掛けして申し訳ありません。

入荷しましたら改めてご連絡いたしますので
どうぞ今しばらくお待ちくださいませ。

NO IMAGE

【 About Prae 】


プラエは2010年、徳島に誕生した"北欧ヴィンテージ家具"や"北欧食器・雑貨"やオリジナル家具、植物などを扱うインテリアショップです。

デンマーク語で「Hygge(ヒュッゲ)」という言葉があります。 他の国の言葉にするのが難しいのですが、『どことなく温かくて、居心地の良い雰囲気』といった彼らの独特の言葉です。北欧の暮らしやデザインが注目されるようになっていますが、それは純粋になにかのモノだけではなくどこか「Hygge」な空気感が私たちを惹き付けて止まないのかもしれません。

座り心地のよい、木製の椅子。 取っ手がレトロで使い勝手の良い50年前のデスク。 レトロで可愛い食器。 これって何に使うんだろう?そう思わず見入ってしまう古い古いオブジェ。プラエはときどき北欧に買付に行き、そこで出会ったものたちを大切に連れて帰ったりしています。

お店はそんな出会ったモノたちと、あなたのお部屋をつなぐ場所です。古いものだけではなくて、国内外で作られた中で北欧デザインを生かした家具をセレクトしたり、 オリジナルで家具を製作したりもできますので、コーディネートのご相談も良かったら。 ホームページやブログを見てもらって、お店に来てもらって。 どことなく居心地の良いそんな時間を過ごしてもらえれば、幸せです。

Prae Inteiror (プラエインテリア) 代表 香川 拓也