グスタフスベリ ”Bersa” デザートプレート

コロナの影響で、アメリカでは
「銃」の売り切れが続出したそうですね。

日本でも色々と品薄がありますが、
先日スーパーに買い物に行くと
「製菓材料」もずいぶん品薄になっていました。

家での時間が増えたので、
お菓子作りをされている方も多いのでしょうね。

せっかく作ったお菓子、
どうせならもっと美味しく、綺麗に。

そんな時に、
北欧のデザートプレートはいかがでしょう。

デザインに力のある食器があると、
料理やお菓子ってより良く見えますよね。

北欧ヴィンテージのアイコン的存在、
Bersaの器だと・・・白、茶色、黒、赤、オレンジ…と
お菓子に使われそうな色合いなら大体相性が◎

近くのスーパーに製菓材料が少なくても、
例えばチョコレートと卵の2種類だけでも
ケーキを作ることは可能です。

ちょっとしたアレンジで大きく味も変わって、
余裕があれば、ベリー系のソース(ジャム)でもかければ
北欧風…と言い切ってしまいましょうか。

少しずつ街の空気も明るくなってきた気もする今日この頃。
おうち時間も、あと少しだと良いなぁ。

→ デザートプレート(を含むもの)

NO IMAGE

【 About Prae 】


プラエは2010年、徳島に誕生した"北欧ヴィンテージ家具"や"北欧食器・雑貨"やオリジナル家具、植物などを扱うインテリアショップです。

デンマーク語で「Hygge(ヒュッゲ)」という言葉があります。 他の国の言葉にするのが難しいのですが、『どことなく温かくて、居心地の良い雰囲気』といった彼らの独特の言葉です。北欧の暮らしやデザインが注目されるようになっていますが、それは純粋になにかのモノだけではなくどこか「Hygge」な空気感が私たちを惹き付けて止まないのかもしれません。

座り心地のよい、木製の椅子。 取っ手がレトロで使い勝手の良い50年前のデスク。 レトロで可愛い食器。 これって何に使うんだろう?そう思わず見入ってしまう古い古いオブジェ。プラエはときどき北欧に買付に行き、そこで出会ったものたちを大切に連れて帰ったりしています。

お店はそんな出会ったモノたちと、あなたのお部屋をつなぐ場所です。古いものだけではなくて、国内外で作られた中で北欧デザインを生かした家具をセレクトしたり、 オリジナルで家具を製作したりもできますので、コーディネートのご相談も良かったら。 ホームページやブログを見てもらって、お店に来てもらって。 どことなく居心地の良いそんな時間を過ごしてもらえれば、幸せです。

Prae Inteiror (プラエインテリア) 代表 香川 拓也