Arabia(フィンランド)の大きなお皿

新型コロナウィルスの対応で、思わぬ副産物となったのは
“家族との時間”という方も多いのではないでしょうか。

遠く離れた親せきと連絡を取り合ったり、
一緒に住む家族と家にいる時間が増えたり。

家族一緒の食卓、というのも
ステイホームの小さな喜びの一つだと思います。

プラエ宅では子供と一緒に料理をしたり、
非常時なりに家の時間を大切にしています。

そんな中で意外と活躍してくれるのが
テーブルの真ん中にどでんと置いて
仲良く取り分けが出来る大皿です。


⇒ アネモネ 大皿

個別のお皿に盛りつけるのも素敵ですが、
大きな取り分け皿にざっかけなく料理を置いて
テーブルで好きな分だけ、というのも
食欲の湧く良い演出です。

どうも私が好きなせいか、
クイストゴーのAzurリンドベリのTerma
アラビアのKatrilliなどでも大皿をご用意しております。

家にあると意外と便利な大皿。
良かったらおひとつ、いかがでしょうか?

NO IMAGE

【 About Prae 】


プラエは2010年、徳島に誕生した"北欧ヴィンテージ家具"や"北欧食器・雑貨"やオリジナル家具、植物などを扱うインテリアショップです。

デンマーク語で「Hygge(ヒュッゲ)」という言葉があります。 他の国の言葉にするのが難しいのですが、『どことなく温かくて、居心地の良い雰囲気』といった彼らの独特の言葉です。北欧の暮らしやデザインが注目されるようになっていますが、それは純粋になにかのモノだけではなくどこか「Hygge」な空気感が私たちを惹き付けて止まないのかもしれません。

座り心地のよい、木製の椅子。 取っ手がレトロで使い勝手の良い50年前のデスク。 レトロで可愛い食器。 これって何に使うんだろう?そう思わず見入ってしまう古い古いオブジェ。プラエはときどき北欧に買付に行き、そこで出会ったものたちを大切に連れて帰ったりしています。

お店はそんな出会ったモノたちと、あなたのお部屋をつなぐ場所です。古いものだけではなくて、国内外で作られた中で北欧デザインを生かした家具をセレクトしたり、 オリジナルで家具を製作したりもできますので、コーディネートのご相談も良かったら。 ホームページやブログを見てもらって、お店に来てもらって。 どことなく居心地の良いそんな時間を過ごしてもらえれば、幸せです。

Prae Inteiror (プラエインテリア) 代表 香川 拓也