アラビアのテレビセット ”katie(Susan)”と”Emilia”

店舗営業を予約制にして1週間。

徳島では大きな感染報告はありませんが、
それでも緊急事態宣言は大きいようで
ご来店は普段の1/5~1/10程度となりました。

静かな、とても静かなGWですが
ご来店は無くとも何故かするべき仕事は多く
Webの更新などをしているとあっという間に
閉店の時間となる今日この頃です。

わざわざご予約頂く方ももちろんですが
店舗での動きが限定的になる中、
Webからご注文というのは本当に有難いもので

「本当は(お店に)行きたいのだけど」と
お声を添えて頂いたりと、とても励みになっています。
お店でも出来ることは無いかな、と思いながら
心から感謝している日々です。ありがとうございます。

また良い季節になったら。
そういう思いで今は地に足をつけて
毎日過ごしていきたいと思います。

— — — — —

家で過ごすのに、
お役立ちしそうなものが届きました。

1960年代~フィンランドのアラビアで製作された
テレビセット、という名前のカップ&ソーサーです。

テレビが一般家庭に普及しだした当時、
「コーヒーを飲みながら、スナック(お菓子)を」と
そんな気取らない暮らしの提案として
生まれたのがこのカップ&ソーサーです。

見た目の通りソーサー部分が広く、
開いたスペースにお菓子をちょんと置いておけます。

わざわざ別のお皿を用意する必要が無く、
合理的で、そして見た目もまた良いですね。

同じフォルムで、エミリアというシリーズでも
2セット入荷しています。

エミリアは訳ありでしたので
ちょっと特別お得な価格になっています。

お部屋で、まったり。

お菓子は…あまりお腹を甘やかさない程度に、
お皿に乗るくらいにしておきましょうか。

そんな暮らしに一役買ってくれそうな
フィンランドの50年前のアイテムです。

新入荷は → こちら にアップしています。

NO IMAGE

【 About Prae 】


プラエは2010年、徳島に誕生した"北欧ヴィンテージ家具"や"北欧食器・雑貨"やオリジナル家具、植物などを扱うインテリアショップです。

デンマーク語で「Hygge(ヒュッゲ)」という言葉があります。 他の国の言葉にするのが難しいのですが、『どことなく温かくて、居心地の良い雰囲気』といった彼らの独特の言葉です。北欧の暮らしやデザインが注目されるようになっていますが、それは純粋になにかのモノだけではなくどこか「Hygge」な空気感が私たちを惹き付けて止まないのかもしれません。

座り心地のよい、木製の椅子。 取っ手がレトロで使い勝手の良い50年前のデスク。 レトロで可愛い食器。 これって何に使うんだろう?そう思わず見入ってしまう古い古いオブジェ。プラエはときどき北欧に買付に行き、そこで出会ったものたちを大切に連れて帰ったりしています。

お店はそんな出会ったモノたちと、あなたのお部屋をつなぐ場所です。古いものだけではなくて、国内外で作られた中で北欧デザインを生かした家具をセレクトしたり、 オリジナルで家具を製作したりもできますので、コーディネートのご相談も良かったら。 ホームページやブログを見てもらって、お店に来てもらって。 どことなく居心地の良いそんな時間を過ごしてもらえれば、幸せです。

Prae Inteiror (プラエインテリア) 代表 香川 拓也