フィンランドとイースター

雨の日曜日。

今日はイースター、ということで
北欧の知人たちにメールを送っておりました。

日本ではあまり影響はありませんが
キリスト教ではクリスマスの次に大きな
イベントとなっています。
北欧でももちろん大きなイベントで、
フィンランドでは珍しく4連休となります。

例年ではこの時期は街中に小さな魔女達が現れ
家々をめぐり豊作を祈る魔法を唱えます。

住人はお礼にお菓子や硬貨、
イースターエッグなどを渡します。

https://finland.fi/wp-content/uploads/2015/05/3988-easter_witches02_lehtikuva_niklasmeltio_640px-jpg.jpg

今年はフィンランドでも、
大きなイベントは難しそうですが

季節の変わり目を告げる
一つの契機とはなっていそうです。

今年もあっという間に4月半ばですが、
一日ずつ前に進んでいるのだと
こうした話でふと気付かされます。

来年には「それはイースターが終わったらね」と
例年のように打ち合わせを伸ばされて
プラエが困るようになっていますように。

NO IMAGE

【 About Prae 】


プラエは2010年、徳島に誕生した"北欧ヴィンテージ家具"や"北欧食器・雑貨"やオリジナル家具、植物などを扱うインテリアショップです。

デンマーク語で「Hygge(ヒュッゲ)」という言葉があります。 他の国の言葉にするのが難しいのですが、『どことなく温かくて、居心地の良い雰囲気』といった彼らの独特の言葉です。北欧の暮らしやデザインが注目されるようになっていますが、それは純粋になにかのモノだけではなくどこか「Hygge」な空気感が私たちを惹き付けて止まないのかもしれません。

座り心地のよい、木製の椅子。 取っ手がレトロで使い勝手の良い50年前のデスク。 レトロで可愛い食器。 これって何に使うんだろう?そう思わず見入ってしまう古い古いオブジェ。プラエはときどき北欧に買付に行き、そこで出会ったものたちを大切に連れて帰ったりしています。

お店はそんな出会ったモノたちと、あなたのお部屋をつなぐ場所です。古いものだけではなくて、国内外で作られた中で北欧デザインを生かした家具をセレクトしたり、 オリジナルで家具を製作したりもできますので、コーディネートのご相談も良かったら。 ホームページやブログを見てもらって、お店に来てもらって。 どことなく居心地の良いそんな時間を過ごしてもらえれば、幸せです。

Prae Inteiror (プラエインテリア) 代表 香川 拓也