暇を持て余しているお子様へ。(スミソニアン博物館オープンアクセス)

学校が急遽お休みとなり、
暇を持て余しているお子様も多いのではないでしょうか。

先日、アメリカのスミソニアン博物館から
余暇にためになりそうなプログラムが
リリースされたのでご紹介いたします。

今回発表されたのは
同博物館所蔵品のうち280万点を超える作品の
デジタルアーカイブ。

⇒ オープンアクセス(英語)

映画『ナイトミュージアム2』の舞台ともなった
アメリカを代表する博物館、スミソニアン。

歴史、科学、芸術と多岐にわたる施設ですが
この博物館のデジタル画像・データが無料アクセス、
ダウンロードが可能となった今回。

2000点以上の作品では3Dデータも含まれ、
ダウンロードも可能です。

現地に訪れなくても、
その収蔵物の一端に触れられ、学べるのは
そうした機会が少ない地域の人にとっても
非常に有益なことだと感じます。

<マンモスの3Dデータ>

マンモスの3D(スミソニアン博物館)

フランク・ロイド・ライトによる“ピーコックチェア”
(帝国ホテルの犬丸徹三氏による寄贈)

プリンスのギター
Yellow guitar
2018年にジュリアンズ・オークションで
22万5000ドルで落札されたギターでしょうか??

見て楽しむのも良し。
データで立体化するのも良し。

好きな項目で、英語を学ぶのも良いですね。

急な余暇、
もしお時間が余っているようであればぜひぜひ。

– – – – – – – – – – –

南末広町にありますプラエフラワーから
ドライスワッグが入荷しています。

店頭ではイベントまでに、
もう少しグリーンが増える予定です。

また来週はそれに加えて
デンマークからの家具便も少々。

賑やかになる店内、どうぞお楽しみに。

NO IMAGE

【 About Prae 】


プラエは2010年、徳島に誕生した"北欧ヴィンテージ家具"や"北欧食器・雑貨"やオリジナル家具、植物などを扱うインテリアショップです。

デンマーク語で「Hygge(ヒュッゲ)」という言葉があります。 他の国の言葉にするのが難しいのですが、『どことなく温かくて、居心地の良い雰囲気』といった彼らの独特の言葉です。北欧の暮らしやデザインが注目されるようになっていますが、それは純粋になにかのモノだけではなくどこか「Hygge」な空気感が私たちを惹き付けて止まないのかもしれません。

座り心地のよい、木製の椅子。 取っ手がレトロで使い勝手の良い50年前のデスク。 レトロで可愛い食器。 これって何に使うんだろう?そう思わず見入ってしまう古い古いオブジェ。プラエはときどき北欧に買付に行き、そこで出会ったものたちを大切に連れて帰ったりしています。

お店はそんな出会ったモノたちと、あなたのお部屋をつなぐ場所です。古いものだけではなくて、国内外で作られた中で北欧デザインを生かした家具をセレクトしたり、 オリジナルで家具を製作したりもできますので、コーディネートのご相談も良かったら。 ホームページやブログを見てもらって、お店に来てもらって。 どことなく居心地の良いそんな時間を過ごしてもらえれば、幸せです。

Prae Inteiror (プラエインテリア) 代表 香川 拓也