ヴィンテージソファから、現金が!(アメリカ)

北欧の話ではないのですが、
他人事では無い話がありましたのでご紹介を。

先日、アメリカのミシガン州の男性が
中古のソファセットを購入しました。

しばらく使っていたのですが、
どうも付属のオットマンが座り心地がよくない、と
中をあけて調べてみると…なんとお金が隠されていたそうです。
その額、なんと43170ドル!(≒475万円)


⇒News (英語)

男性はそれを自分のものにするのを良しとせず、
以前の持ち主の関係者を探しだし
お金を返還することにしたそうです。

男性は無事にお金は返還することができ、
座り心地の良くなったソファセットは
そのまま使い続けることにしたそうです。

なかなか無い話ですね。

プラエでも北欧から、
ヴィンテージ家具が時折入荷しています。

家具の中からそんなムフフな発見があれば…。

プラエで急な臨時休業⇒バカンスのコンボがあれば、
「ははーん」と思ってお土産を期待してください。

ちなみに10年間で見つけた額は
タンスの中に入っていた「2セント」です。
(2セント≒0.3円)

ふふーん。

— —  —  —  —  —  —  —  —  —  —  —  —  —  —

先日お店に到着しました
ハイビューロー。

実はこちらには秘密があり、
引き出しをすべて抜き出すと
脚の貫を利用した「隠し収納」が。

一番下の収納を抜き出すと…

届いたときはもちろん何も無かったのですが、
当時は何を隠したのでしょうね。

普段使わないものの収納に。
少しお得なビューローです。

⇒ ハイビューロー

NO IMAGE

【 About Prae 】


プラエは2010年、徳島に誕生した"北欧ヴィンテージ家具"や"北欧食器・雑貨"やオリジナル家具、植物などを扱うインテリアショップです。

デンマーク語で「Hygge(ヒュッゲ)」という言葉があります。 他の国の言葉にするのが難しいのですが、『どことなく温かくて、居心地の良い雰囲気』といった彼らの独特の言葉です。北欧の暮らしやデザインが注目されるようになっていますが、それは純粋になにかのモノだけではなくどこか「Hygge」な空気感が私たちを惹き付けて止まないのかもしれません。

座り心地のよい、木製の椅子。 取っ手がレトロで使い勝手の良い50年前のデスク。 レトロで可愛い食器。 これって何に使うんだろう?そう思わず見入ってしまう古い古いオブジェ。プラエはときどき北欧に買付に行き、そこで出会ったものたちを大切に連れて帰ったりしています。

お店はそんな出会ったモノたちと、あなたのお部屋をつなぐ場所です。古いものだけではなくて、国内外で作られた中で北欧デザインを生かした家具をセレクトしたり、 オリジナルで家具を製作したりもできますので、コーディネートのご相談も良かったら。 ホームページやブログを見てもらって、お店に来てもらって。 どことなく居心地の良いそんな時間を過ごしてもらえれば、幸せです。

Prae Inteiror (プラエインテリア) 代表 香川 拓也