正しい珈琲の淹れ方

昨日に引き続き、
珈琲の匂いがただよう店内。

本日もご来店、またWebからのご注文
ありがとうございました。

イベントの準備を始めてから、
何度も珈琲の淹れ方は練習したのですが

一朝一夕には諸先輩方のようにはいかず
難しさを実感しております。

コーヒーメーカーに粉と水を入れて
スイッチを押す・・・も良いのですが、
どうせならハンドドリップも覚えたい
四十肩のプラエです。
(そのうち蕎麦打ちしたいと言い出したら止めて下さい)

良くご存知の方も多いと思いますが
ハンドドリップはとても奥が深いです。

豆の種類や焙煎はもちろんですが、
ドリッパー、フィルター等道具のセレクト、
それに合わせた豆量、水。

お湯の温度に抽出の時間、回数・・・。

もうね、茶道。いや珈琲道です。

気持ちが落ち着いていなければ、
安定した動作なんか出来そうにありません。
プロってすごいなぁ。


 写真はヘルシンキ、カフェアアルト。ずっと仲良しのおばあちゃんと。

幸いプラエのお願いしたブレンドは
私のようなにわかコーヒー淹れでも
間違いの少ない味が出せる焙煎で、
昨日、今日とご来店のお客様にも
概ね喜んで頂けたように思います。

期間中、北欧ヴィンテージの器をご注文で
オリジナルブレンドをプレゼントしていますので
良かったらお早めにお声掛け下さいね。

当初のプレゼント予定数は
かなり少なくなっておりますが、
もうしばらくはご用意が出来そうです。

ご来店の際はお時間が許せば、
店内でサービスでご提供もしております。

ご来店も、Webからもお声がけお待ちしております。

イベント詳細 ⇒ 【北欧の器と珈琲の時間】

NO IMAGE

【 About Prae 】


プラエは2010年、徳島に誕生した"北欧ヴィンテージ家具"や"北欧食器・雑貨"やオリジナル家具、植物などを扱うインテリアショップです。

デンマーク語で「Hygge(ヒュッゲ)」という言葉があります。 他の国の言葉にするのが難しいのですが、『どことなく温かくて、居心地の良い雰囲気』といった彼らの独特の言葉です。北欧の暮らしやデザインが注目されるようになっていますが、それは純粋になにかのモノだけではなくどこか「Hygge」な空気感が私たちを惹き付けて止まないのかもしれません。

座り心地のよい、木製の椅子。 取っ手がレトロで使い勝手の良い50年前のデスク。 レトロで可愛い食器。 これって何に使うんだろう?そう思わず見入ってしまう古い古いオブジェ。プラエはときどき北欧に買付に行き、そこで出会ったものたちを大切に連れて帰ったりしています。

お店はそんな出会ったモノたちと、あなたのお部屋をつなぐ場所です。古いものだけではなくて、国内外で作られた中で北欧デザインを生かした家具をセレクトしたり、 オリジナルで家具を製作したりもできますので、コーディネートのご相談も良かったら。 ホームページやブログを見てもらって、お店に来てもらって。 どことなく居心地の良いそんな時間を過ごしてもらえれば、幸せです。

Prae Inteiror (プラエインテリア) 代表 香川 拓也