年内最後のヴィンテージと、フィンランドの首相と。

振り替え休日だった昨日、
フィンランドの友人と話をしていました。

普段はそんな話をしないのですが、
北欧の人はパブリックでも政治の話を好みますので
先日就任したサンナ・マリン首相について
「どうですか?」と聞いてみました。

ご存知の方もいると思いますが、
サンナ・マリン首相はフィンランドの首相で、
34歳の女性です。


Sannna Malin(Wikipedia)

フィンランドは大統領制なので
国家元首というわけではありませんが
それでも十二分に話題となる話です。

どんな反応なのかな、と思っていると
「別に、女性だからでは無いよ」と
少し意外な、しかしフィンランドらしい返事。

「(連立)与党の代表者が彼女だっただけで、
我々が選んだのはその党。
若い女性だから選んだのではない」

・・・と、ヘルシンキの一住民の意見、ですが
なんだかヘルシンキっ子らしい言葉にも思えました。
(多分個人での人気も十分あると私は思いますが。)

言葉が残る場所での発言は難しいですが、
年齢やジェンダーで選ぶのではない、のは
北欧らしい選択だと思います。

誰かに「下駄を履かせる」わけではなく、
「○○らしい視点」と特別視するでもなく、
ただその人個人として、集団として、
その持てる力を発揮できるようサポート出来る社会が
持続的に成長しうる社会なのだと思います。

・・・堅くなりました。

とりあえず、日本はまずレディースセットを
おじさんも普通に注文出来る日が来れば
良いなぁ、なんて思います。
デザート、ほんとはおじさんも食べたいんだぜ。
(お子様セットも本当は食べたいです。)

— — — — — — — — — — — — — — —

北欧から年内最終となる
ヴィンテージ雑貨便が届きました。

特別意識したわけではありませんが、
前回に続いて動物が中心のヴィンテージ。

⇒ 新入荷一覧

ガラスの鳥は前回に続いて3羽目です。
お店の窓際に特別席を設けて展示中。

箱の中にはお願いしていた
ノルウェーのFreia(フレイア)のプレミアムチョコも。

来年のスタートとなるイベントで、
お店でご来店のお客様にも振舞う予定です。

味も知らずにお出しは出来ませんので
こっそりと味見を・・・嗚呼、美味しい。

性別、年齢問わず・・・
いやちょっと大人な舌の方のほうが
喜んでいただけそうな味です。

次回イベントは2020年1月初旬に
ご案内をする予定です。

どうぞお楽しみに~!

 

NO IMAGE

【 About Prae 】


プラエは2010年、徳島に誕生した"北欧ヴィンテージ家具"や"北欧食器・雑貨"やオリジナル家具、植物などを扱うインテリアショップです。

デンマーク語で「Hygge(ヒュッゲ)」という言葉があります。 他の国の言葉にするのが難しいのですが、『どことなく温かくて、居心地の良い雰囲気』といった彼らの独特の言葉です。北欧の暮らしやデザインが注目されるようになっていますが、それは純粋になにかのモノだけではなくどこか「Hygge」な空気感が私たちを惹き付けて止まないのかもしれません。

座り心地のよい、木製の椅子。 取っ手がレトロで使い勝手の良い50年前のデスク。 レトロで可愛い食器。 これって何に使うんだろう?そう思わず見入ってしまう古い古いオブジェ。プラエはときどき北欧に買付に行き、そこで出会ったものたちを大切に連れて帰ったりしています。

お店はそんな出会ったモノたちと、あなたのお部屋をつなぐ場所です。古いものだけではなくて、国内外で作られた中で北欧デザインを生かした家具をセレクトしたり、 オリジナルで家具を製作したりもできますので、コーディネートのご相談も良かったら。 ホームページやブログを見てもらって、お店に来てもらって。 どことなく居心地の良いそんな時間を過ごしてもらえれば、幸せです。

Prae Inteiror (プラエインテリア) 代表 香川 拓也